小泉智貴 Shot by Tim Walker
小泉智貴 Shot by Tim Walker

Fashion

トモ コイズミが「第39回毎日ファッション大賞」大賞受賞、CFCL高橋悠介は新人賞・資生堂奨励賞

 2021年度「第39回毎日ファッション大賞」の各受賞者が発表された。大賞は「トモ コイズミ(TOMO KOIZUMI)」のデザイナー小泉智貴、新人賞・資生堂奨励賞は「シーエフシーエル(CFCL)」のデザイナー高橋悠介、鯨岡阿美子賞は「ここのがっこう」、話題賞はスノーピーク、ファッション文化特別賞は故・高田賢三が受賞した。表彰式は10月25日にEBiS303で開催を予定している。

小泉智貴 TOMO MOIZUMI

関連記事
【インタビュー】トモ コイズミ「得意なものを一つ手にして」 フリルドレスが紡いだ10年

小泉智貴 Shot by Tim Walker
小泉智貴 Shot by Tim Walker
— ADの後に記事が続きます —

 小泉は1988年生まれ。国内アーティストなどの衣装デザインを手掛けていたところ、大御所スタイリストのケイティ・グランド(Katie Grand)に見出されたことがきっかけで、2019年秋冬シーズンのニューヨークファッションウィークでデビュー。ニューヨークではほぼ無名デザイナーだったが、カラフルでボリュームのあるドレスに加えて、ショーをサポートしたモデルやスタッフの豪華さも注目を集め、SNSなどで大きな反響を呼んだ。2020年にはファッションコンテスト「LVMH Young Fashion Designers Prize(以下、LVMHプライズ)」のファイナリストに選出。これまでに「サカイ(sacai)」や「エミリオ・プッチ(EMILIO PUCCI)」、「フレッド(FRED)」などのブランドとコラボレーションアイテムを展開してきたほか、「ヴォーグ(VOGUE)」の企画において「メゾン マルジェラ(Maison Margiela)」のクリエイティブディレクター ジョン・ガリアーノ(John Galliano)とアップサイクル作品を作り上げた。また、今年7月に開催された東京オリンピックの開会式では、国歌独唱を担当した歌手 MISIAがトモ コイズミのドレスを着用。ラッフルをふんだんに使用した色鮮やかな装いに注目が集まった。

関連記事
東京オリンピック開会式、MISIAが国歌独唱 ドレスは「トモ コイズミ」

 シーエフシーエルを手掛ける高橋は、2013年に当時27歳で「イッセイ ミヤケ メン(ISSEY MIYAKE MEN)」のデザイナーに抜擢。約6年半にわたり同職を務め、昨年2月には約10年間在籍した三宅デザイン事務所を退社。2021年春夏シーズンにシーエフシーエルを立ち上げた。

関連記事
【インタビュー】高橋悠介の新ブランド「CFCL」が投げかける現代。生活に投じるニットの可能性とは?

 「ここのがっこう」はファッションの本質を学ぶ学校として、2008年に「リトゥンアフターワーズ(writtenafterwards)」デザイナーの山縣良和によって設立。受講者数は計1000人以上にのぼり、これまでに「コトハヨコザワ(kotohayokozawa)」のデザイナー横澤琴葉や「ケイスケヨシダ(KEISUKEYOSHIDA)」のデザイナー吉田圭佑など多くのファッションデザイナーを輩出している。

山縣良和 ここのがっこう

関連記事
「ここのがっこう」があらゆる世代向けプラットフォームを開講、第1回はファッションの歴史を探る

 スノーピークは、創業家3代目の山井梨沙氏がアパレル事業を再興し、5年で年間売上高がおよそ20億円にまで成長。昨年3月には同氏が32歳の若さで社長に就任した。コロナ禍での3密を避けたレジャーとしてのキャンプ需要の拡大などを受けて、業績は好調に推移しており、8月16日には時価総額が初めて1000億円を突破した。

 「ケンゾー(KENZO)」ブランドの創始者である高田氏は、1970年にパリでファッションショーを開き、最初に成功を収めた日本人デザイナーとして知られる。モード界に影響を与え続けた人物で、新型コロナウイルスに伴う合併症により昨年10月に死去した。

関連記事
高田賢三と私の37年間 KENZO創設者の横顔 【第1回】

高田賢三 ファッションデザイン画アーカイブス
著: 増井和子、高田賢三
メーカー: 玄光社
価格: ¥7,700(2021/08/24現在)

最新の関連記事
Realtime

現在の人気記事

    次の記事を探す

    Ranking Top 10

    アクセスランキング