「無印良品」公式オンラインストアより
「無印良品」公式オンラインストアより

Business

良品計画が過去最高益を達成 日本と中国で出店加速

 良品計画が、2021年8月期(2020年9月1日~2021年8月31日)の連結業績を発表した。営業収益は4536億8900万円(前期比113%)、営業利益は424億4700万円(同254.8%)、経常利益は453億6900万円(同263.7%)で、国内事業の販売好調に加え、海外事業の収益改善が進み増収増益を達成。親会社株主に帰属する当期純利益は、339億300万円で過去最高益となった。

良品計画 堂前宣夫

関連記事
良品計画の新社長にファストリ出身の堂前宣夫氏が就任

「無印良品」公式オンラインストアより
「無印良品」公式オンラインストアより
— ADの後に記事が続きます —

 国内事業では、営業収益が2969億円(前年比115.0%)、営業利益が285億円(前期比250.2%)だった。価格改定および食品カテゴリーの強化が奏功し、客数が前年に比べて約2割伸長。営業収益と営業利益ともにコロナ禍前の一昨年よりも伸長しており、回復基調が見られたという。特に、レトルトカレーをはじめとする食品カテゴリーが好調で、同カテゴリーにおける既存店・ECの売上は前期比141.8%と大幅に伸長した。

 2022年8月期の連結業績予想は、営業収益は4800億円、営業利益は450億円と増収増益となる見通し。前期に計上した北米事業におけるリース債務免除益等により、当期純利益は320億円と若干の減益を見込む。基本商品の価格改定を軸とした顧客層の拡大に加えて、EC販売強化の推進、日本・中国大陸の出店強化などを図るという。

 2022年8月期の国内事業の経営計画では、純増で45店舗となる予定で、この内、食品スーパー隣接型店舗が占める割合は約7割。今後も全国への出店を加速させる計画で、再来期以降は年間純増100店舗の実現を目指す。良品計画の堂前宣夫代表取締役社長は「2022年8月期の売上は保守的な計画にしているが、人材強化には力を入れつつ、しっかりと増益させていく」と話し、今期は出店加速にあわせて人材育成・採用面を重点強化していくという。

無印良品 価格改定 値下げ

関連記事
無印良品が大規模な値下げを実施、カレーやソファなど約200品目

MUJIが生まれる「思考」と「言葉」
著: 株式会社良品計画
ブランド: KADOKAWA
メーカー: KADOKAWA
発売日: 2018/07/20
価格: ¥2,037(2021/10/14現在)

ショートビデオ
最新の関連記事
Realtime

現在の人気記事

    次の記事を探す

    Ranking Top 10

    アクセスランキング