イメージヴィジュアル
イメージヴィジュアル
Image by: MUJI HOUSE

Lifestyle

無印良品がリノベ済み中古物件を発売、自然が感じられる暮らしを実現

イメージヴィジュアル Image by MUJI HOUSE
イメージヴィジュアル
Image by: MUJI HOUSE

 無印良品の住空間事業部門を担うMUJI HOUSEが、中古物件に性能向上リノベーション「MUJI INFILL 0」を導入し、再生した団地やマンション住戸を完成品として発売する。耐震性能のある中古物件のみを対象とし、「無印良品のリノベーション」ウェブサイトから内覧の受付を開始している。

— ADの後に記事が続きます —

 現在、内覧を受け付けているのは横浜市に位置する団地「港南台めじろ」と、府中市に構える「車返団地」で、どちらも築年数は40年以上。無印良品のリノベーション「MUJI INFILL 0」を通じて、ライフスタイルの変化や家族の成長に応じて家具・建具などで自由に仕切り、間取りを変えることができる一室空間に仕上げた。壁を減らし、光と風を通すことで、集合住宅であっても自然を身近に感じられるという。港南台めじろは床面積が約51平方メートルで、価格が1990万円。車返団地は床面積約49平方メートルで、価格が2100万円となっている。

関連記事
「無印良品の家」からワーケーション施設が2022年に誕生、上士幌町と協業

無印良品のリノベーション

無印良品でつくるワークスペース
編集: 主婦の友社
メーカー: 主婦の友社
発売日: 2020/11/30
価格: ¥1,287(2021/07/06現在)

最新の関連記事

Realtime

現在の人気記事

    次の記事を探す

    Ranking Top 10

    アクセスランキング