Business

良品計画の新社長にファストリ出身の堂前宣夫氏が就任

堂前宣夫新社長 Image by 良品計画
堂前宣夫新社長
Image by: 良品計画

 良品計画が、9月1日付で代表取締役社長を交代する人事を発表した。松﨑曉社長は取締役副会長兼執行役員となり、後任には堂前宣夫氏が就任する。同社は2021年9月から始まる事業年度を「第二創業」と位置付けており、新たな経営体制のもとで企業理念を再定義し、新中期経営計画の実現に向けた経営基盤の拡充を図るという。

 堂前氏は1969年山口県生まれ。マッキンゼー・アンド・カンパニー・インク・ジャパンを経て、1998年9月にファーストリテイリングへ入社。同年11月に29歳で取締役に就任した。ディー・エヌ・エー社外取締役やマネックスグループ社外取締役などを歴任し、良品計画には2019年に入社。現在、専務取締役兼執行役員 営業本部長を務めている。

無印良品 ウイグル問題

関連記事
良品計画が新疆綿の使用に関してコメント発表、ウイグル問題を受けて

MUJI IS―無印良品アーカイブ (MUJI BOOKS)
著: くらしの良品研究所
メーカー: 良品計画
価格: ¥1,760(2021/07/02現在)

最新の関連記事

Realtime

現在の人気記事

    次の記事を探す

    Ranking Top 10

    アクセスランキング