Image by: © Museo d'Arte Ghibli

Business

ロエベが三鷹の森ジブリ美術館に資金提供、スポンサーシップ契約を締結

Image by © Museo d'Arte Ghibli
Image by: © Museo d'Arte Ghibli

 ロエベ財団と三鷹の森ジブリ美術館を運営する徳間記念アニメーション文化財団が、クラフトへの支援と価値向上への追求の一環として3年間のスポンサーシップ契約を締結した。ロエベ財団は、「三鷹の森ジブリ美術館」 の活動をサポートするための資金提供を行う。

— ADの後に記事が続きます —

 「三鷹の森ジブリ美術館」は、2001年10月に井の頭恩賜公園の南西に開館。宮崎駿監督が構想した作品世界を象徴する建物で、アニメーション作品の素晴らしさを普及するための拠点として機能している。スポンサーシップ契約は、ロエベとスタジオジブリの原動力である「クラフト」の価値観が一致していたことから締結。資金提供は、展覧会や文化活動の継続などに活用される。

 ロエベ財団プレジデントのシーラ・ロエベは、「スタジオジブリとロエベはクラフトへの献身と自然との深いつながりなど、多くの価値観を共有しています。ジブリ美術館のストーリーの一部として、 そのユニークな魅力を世界に広めるお手伝いができることを楽しみにしています」とコメントしている。

 ロエベは、今年1月にスタジオジブリとコラボレーションしたカプセルコレクション「ロエベ×となりのトトロ」を発売。トトロやマックロクロスケといったキャラクター、作中の景色などをジャカードの編み込み、レザー象嵌、手描きのモチーフといった様々な手法でアイテムを製作した。

ロエベ  トトロ まっくろくろすけ

関連記事
「ロエベ」がトトロやマックロクロスケをデザインしたコラボコレクション発売、先行販売イベントを開催

宮崎駿とジブリ美術館
編集: スタジオジブリ
メーカー: 岩波書店
発売日: 2021/01/16
価格: ¥27,500(2021/10/26現在)

最新の関連記事

Realtime

現在の人気記事

    次の記事を探す

    Ranking Top 10

    アクセスランキング