Image by: LOEWE

Fashion

ロエベが70年代誕生のアイコンバッグ「アマソナ」をリデザイン、モダンにアップデート

Image by LOEWE
Image by: LOEWE

 「ロエベ(LOEWE)」が、ブランド創立175周年を記念してアイコンバッグ「アマソナ」をリデザインし、現代における最高のレザー技術を集結させてモダンにアップデートした。9月9日からロエベ全店で販売し、8日から21日まで開催する銀座三越で開催するポップアップイベントで先行販売する。

— ADの後に記事が続きます —

 ギリシャ神話に登場する勇敢な女性たちの名前に由来したアマソナは、1970年代に誕生。クラシックなフープハンドルや、仕事に必要なものをすべて収納できる容量などが特徴で、社会を前進させていく女性たちを主人公にデザインされた。リニューアルに伴い、アマソナの精神を継承しながら、フォルムや、構造、素材など全てのディテールを現代の最高水準に基づいて一から再デザインした。

 新デザインのアマソナは、2021年秋冬コレクションで初披露。正方形のアマソナ 19 スクエア(32万8900〜38万1700円)と、長方形のアマソナ 28(38万1700円〜43万1200円/いずれも税込)の2型を揃え、素材はロエベのアナグラムが反復するアナグラムジャカード織のコットンキャンバス地と、鮮やかで大胆な色彩のナパカーフレザーの2タイプで展開する。いずれもバッグ内部には、複数のスマートデバイスを持ち歩く現代女性のライフスタイルを意識し、大きなジッパーポケットや、スナップポケットをデザイン。ゴールドのスエードの内張りにレザーパイピングを施し、ジッパーポケットの上部とショルダーストラップの内側には、ゴールドで「LOEWE Made in Spain」の文字を記した。

 クリエイティブ ディレクターのジョナサン・アンダーソンは、「私が8年前にクリエイティブディレクターに就任した当時からアマソナはベストセラーでした。何年にもわたって再解釈を試み、復活を発表するときを待っていました。近年戻りつつあるクラシックな雰囲気をまとい、パドロック南京錠を踏襲するなど、1970年代のバージョンと同じエネルギーを感じさせながら、現代の最高のレザークラフトマンシップによって生まれ変わりました」とコメントしている。

ロエベ 本田翼

関連記事
ロエベ「ハンモックバッグ」の新作発売 本田翼、夏木マリ、松田詩野を起用したキャンペーン公開

最新の関連記事

Realtime

現在の人気記事

    次の記事を探す

    Ranking Top 10

    アクセスランキング