「ロエベ」2022年春夏コレクション
「ロエベ」2022年春夏コレクション
Image by: LOEWE

Fashion注目コレクション

「ロエベ」新章へ——ドレープや歪み、ルネサンスに着目した実験的な2022年春夏コレクション

「ロエベ」2022年春夏コレクション Image by LOEWE
「ロエベ」2022年春夏コレクション
Image by: LOEWE

 ジョナサン・アンダーソン(Jonathan Anderson)が手掛ける「ロエベ(LOEWE)」は、3シーズンぶりのフィジカルショー形式で2022年春夏コレクションを発表した。コロナ前まで発表の場にしてきたユネスコ本部を離れ、歴史的なフランス共和国親衛隊の乗馬トレーニングアリーナに会場を変更。今シーズンは後期ルネサンスの美術様式であるマニエリスムの世界に着目し、「ロエベ」の新章の始まりを意味する実験的なクリエイションを見せた。

ロエベ2021-21年秋冬コレクション

前回のコレクション
「ファッションはニュースである」ロエベがファッションショー中止&新作を新聞で発表した意図は?

— ADの後に記事が続きます —

予想外のシルエット

 「ロエベ」が得意とする彫刻的なシルエットは今回、「ねじれ、転換、歪み」のテクニックが落とし込まれた。ファーストルックは、一見シンプルなノースリーブのブラックドレス。しかし3Dのメタルワイヤーを潜ませ、腹部が垂直に突き出している。その後のルックも、肩や腰に入れられた立体的なワイヤーが予想外のフォルムを形作る。またコルセットのようなメタルプレートを合わせたルックは、「着飾るという現実を別の次元へと拡張する」ことを目指したという。

「ロエベ」2022年春夏コレクション Image by LOEWE
「ロエベ」2022年春夏コレクション Image by LOEWE
「ロエベ」2022年春夏コレクション Image by LOEWE
「ロエベ」2022年春夏コレクション Image by LOEWE

ドレープや歪み...日常着を変換

 ブランドの公式SNSには、今季の着想源の一つであるマニエリスムを代表する画家のヤコポ・ダ・ポントルモ(Jacopo da Pontormo)の感情的なアートを映した動画が公開されていた。ドレープした布を合わせたミニドレスは、マニエリスムの絵画に描かれている人々が纏う服装を彷彿とさせる。羽のようなケープを付けたトップスは、官能的なマンガのキャラクターをイメージしたものだという。さらに、トレンチコートやデニムジャケットの前後を転換したり、ペプラムのようなパターンを加えたりと、日常着を自由に変換させていく。

「ロエベ」2022年春夏コレクション Image by LOEWE
「ロエベ」2022年春夏コレクション Image by LOEWE
「ロエベ」2022年春夏コレクション Image by LOEWE
「ロエベ」2022年春夏コレクション Image by LOEWE

マニキュア、石けん、薔薇ヒール

 遊び心のあるデザインのシューズも目を引いた。一見シンプルなパンプスは、儚さや偶発性を示唆する石けんやマニキュア、バラ、キャンドルなどをヒールにあしらった斬新なデザイン。テディベアなどぬいぐるみで知られる「シュタイフ(Steiff )」の生地を使った柔らかなブーツも登場している。また定番のスニーカーは、透ける再生プラスチックを採用してアレンジした。

石けんのヒール Image by LOEWE
石けんのヒール Image by LOEWE
造花のバラを使ったヒール Image by LOEWE
造花のバラを使ったヒール Image by LOEWE
ネイルポリッシュのヒール Image by LOEWE
ネイルポリッシュのヒール Image by LOEWE
キャンドルのヒール Image by LOEWE
キャンドルのヒール Image by LOEWE
再生プラスチックを使用したスニーカー Image by LOEWE
再生プラスチックを使用したスニーカー Image by LOEWE

ぬいぐるみの生地をバッグにも

 主力のバッグも、ウェアと同様のドレープのデザインが印象的。定番のクラッチバッグ「FLAMENCO」はシューズと同様にシュタイフのテキスタイルで新提案。ショルダーバッグの「GOYA」も波打ったテキスタイルでエレガントに表現した。曲線が美しい新作バッグ「LUNA」は、ブランドを象徴するアナグラム ジャカードをハンドルにあしらったのがポイント。カラフルなブレスレット型バッグもスタイリングのアクセントになった。

シュタイフのテキスタイルを使った「FLAMENCO」 Image by LOEWE
シュタイフのテキスタイルを使った「FLAMENCO」 Image by LOEWE
新作バッグ「LUNA」 Image by LOEWE
新作バッグ「LUNA」 Image by LOEWE

「再生」を意味するルネサンス

 今シーズンのインスピレーション源となった「ルネサンス」は、14世紀のイタリアで古典古代の文化を復興しようと始まった文化運動であり、フランス語で「再生」「復活」を意味する言葉でもある。コロナ後の再生を願うコレクションとして、過去のアイデアから新しいものを生み出すのにふさわしいテーマと言えるだろう。8年前にクリエイティブディレクターに就任し、ファッションにアートやクラフトのアイデアを融合するなど、幅広い世代に支持されるメゾンへとロエベを再生させたジョナサン。「新章への扉を開く出発点」とする今シーズン、更なる進化を予感させるショーとなった。

「ロエベ」2022年春夏コレクション Image by LOEWE
「ロエベ」2022年春夏コレクション Image by LOEWE
LOEWE 2022年春夏

全ルックを見る
LOEWE 2022年春夏コレクション

大杉真心(Mami Osugi)
ファッション リポーター

文化女子大学(現文化学園大学)とニューヨーク州立ファッション工科大学(FIT)でファッションデザインを学び、ファッションブランドやセレクトショップで販売職を経験。「WWD JAPAN」で記者として、海外コレクション、デザイナーズブランド、バッグ&シューズの取材を担当する。2019年にフェムテック分野を開拓し、ブランドや起業家取材を行う。21年8月に独立し、ファッションとフェムテックを軸に執筆、編集、企画に携わる。

    最新の関連記事

    Realtime

    現在の人気記事

      次の記事を探す

      Ranking Top 10

      アクセスランキング