Techable

映像が空中に浮いて見える透過プロジェクションスクリーンが登場

Techable

Webテクノロジーに関する話題を発信するニュースサイト

フォローする:

透過プロジェクションスクリーン「Hollider(ホリダー)」が、米国最大級のクラウドファンディングサイトKickstarterに登場。映像が空中に浮いて見えるその姿は、まるで近未来のようです。

執筆時点で価格は149ドル~(約17,096円)、12月22日まで出資を受け付けています。

— ADの後に記事が続きます —

黒色以外の映像が空中に浮いて見える

Holliderは、WindowsやMacの画面を出力した半透明のホログラフィック・プロジェクション・スクリーンです。

画面の背後から投影すると、黒色をレンダリングせず透過。残りの残像部分が空中に浮いて見えます。昼間など周囲が明るい状態でも、問題なく映し出されるとのこと。

活用の仕方はアイデア次第

スタンドとセットになっている半透明のスクリーンはフレームレスの23インチ。厚さも3ミリ程度で使い勝手が良さそうです。投影するプロジェクターは自分で用意する必要がありますが、SONYやASUS、CINEMOODなどに幅広く対応しているとのこと。プロジェクトページにプロジェクターの対応機種について記載があります。

風景映像やヒーリングビデオを流してインテリアにしたり、VJライブをして楽しんだり。また、ビデオ通話時に相手の背景を黒色にしてもらうことで、相手の顔が空中に浮いた状態で会話することもできます。その他にも店舗の広告に活用するなど、アイデア次第で活用の幅が広がりそうです。

PR TIMES

Kickstarter

KickstarterNavi

(文・Amuro)

最新の関連記事
Realtime

現在の人気記事

    次の記事を探す

    Ranking Top 10

    アクセスランキング