Gregoris Pyrpylisのインスタグラムより
Gregoris Pyrpylisのインスタグラムより

Beauty

「エルメス」ビューティ部門の新ディレクターにグレゴリス・ピルピリスが就任

 「エルメス(HERMÈS)」のビューティー部門のクリエイティブディレクターに、ギリシャ出身のメイクアップアーティスト グレゴリス・ピルピリス(Gregoris Pyrpylis)が就任した。エルメスのアーティスティック・ディレクター ピエール=アレクシス・デュマのもとで働くことになる。

Gregoris Pyrpylisのインスタグラムより
Gregoris Pyrpylisのインスタグラムより
— ADの後に記事が続きます —

 ピルピリスが自身のインスタグラムで「職人技とサヴォアフェールへの愛着を持ち、あらゆる形の美を象徴するメゾンは、まさに創造とクリエイティビティのメゾンと言えるでしょう。クリエーションと創造のメゾン。これは私が15年前にメイクアップの技術に出合って以来、大切に守ってきた美のビジョンです。新しいエルメス・ファミリーに迎えられたことに大きな感謝を捧げます」と語った。

 ピルピリスはフランスでメイクを学び、「SHISEIDO」などとの取り組みや、2015年には「ビオデルマ(BIODERMA)」のスポークスパーソンに就任し活動。そのほか、セレブリティのメイクアップなども手掛けてきた。

 エルメスのビューティラインは2020年3月にデビュー。商品デザインと開発は、ピエール=アレクシィ・ デュマのほか、ビューティ部門のクリエイティブディレクター ジェローム・トゥロンや、香水のクリエイションディレクター クリスティーヌ・ナジェル、シューズ/ジュエリー部門のクリエイティブディレクター ピエール・アルディなど、メゾンの中で重要なポジションに従事するクリエイターらが参加している。

 スエード素材ヴォー・ドブリスや、牛革のボックスカーフの質感を落とし込んだリップスティック「ルージュ・エルメス」や、馬車の内装やジョッキーのシャツを彩ったピンクのシルクに着想を得たチーク「ローズ・エルメス」、エナメルの鮮やかさや輝きから発想したネイルカラー「レ・マン・エルメス」をラインナップ。メゾンを象徴するエクスリブリスのモチーフをあしらったパッケージなど、小さいながらもサヴォワールフェールを取り入れたアイテムが人気を博している。

エルメス リップ「ルージュ・エルメス」 制作秘話

関連記事
メーキャップの仕草まで美しく 「ルージュ・エルメス」制作秘話をクリエイティブ・ディレクターが語る

ショートビデオ
最新の関連記事
Realtime

現在の人気記事

    次の記事を探す

    Ranking Top 10

    アクセスランキング