リジー・ヘレブラーのインスタグラムより
リジー・ヘレブラーのインスタグラムより

Fashion

ルシェミー・ボッターとリジー・ヘレブラーが「ニナ リッチ」のクリエイティブディレクターを退任

 「ニナ リッチ(NINA RICCI)」のクリエイティブディレクターを務めるルシェミー・ボッター(Rushemy Botter)とリジー・ヘレブラー(Lisi Herrebrugh)が、ブランドとのパートナーシップ契約を終了したと発表した。今後は2人が手掛けるメンズブランド「ボッター(BOTTER)」に注力するという。

リジー・ヘレブラーのインスタグラムより
リジー・ヘレブラーのインスタグラムより
— ADの後に記事が続きます —

 ボッターはオランダのキュラソー島、ヘレブラーはドミニカ共和国出身。2017年にボッターを立ち上げ、「LVMH Prize for Young Fashion Designers 2018」では「ダブレット(doublet)」の井野将之らとともにファイナリストに選出された。その後、イエール国際フェスティバルのファッション部門でグランプリを受賞し、ニナ リッチのクリエイティブディレクターに抜擢された。

関連記事
新ディレクターによる「ニナ リッチ」がデビュー、初のショーを開催

 2人は自身のインスタグラムを通じて、「私たちはニナ リッチとプーチ(PUIG)の信頼と、情熱的なチームのすべての仕事とサポートに感謝します。 また、このアイコニックなメゾンのために創造性を発揮できたことを誇りに思います」と振り返った。また、今後について「今こそエキサイティングな時代を迎え、さらにレベルを上げるボッターに全力を注ぐのにふさわしい時期だと感じました」と述べている。

関連記事
「ニナ リッチ」とは?——財布など日本ならではのアイテムからブランドの歴史、最新コレクションまで

ショートビデオ
最新の関連記事
Realtime

現在の人気記事

    次の記事を探す

    Ranking Top 10

    アクセスランキング