オブジェクツアイオーの製品
オブジェクツアイオーの製品
Image by: FASHIONSNAP

Business

土屋鞄製造所が「オブジェクツアイオー」を事業譲受 新素材の共同調達や生産体制を強化へ

 土屋鞄製造所が、D2Cレザーブランド「オブジェクツアイオー(objcts.io)」を事業譲受した。譲渡額は非公表。オブジェクツアイオーを創業時から率いている沼田雄二朗氏と角森智至氏は引き続きブランドの運営に携わるという。

オブジェクツアイオーの製品 Image by FASHIONSNAP
オブジェクツアイオーの製品
Image by: FASHIONSNAP
— ADの後に記事が続きます —

 オブジェクツアイオーは、土屋鞄製造所出身の沼田氏と角森氏が2018年に設立。PCを収納できるバックパックやiPhoneケースと一体化したウォレットバッグなど、現代のライフスタイルに合わせたデバイスフレンドリーなレザー製品を提案し、洗えるレザーバッグ「ウォッシャブルレザートート」やドローン専用バッグ「Mavic Air Bag」をはじめとするユニークな製品開発でも知られる。今年1月には2022年最初のプロダクトとして、防水レザーで仕立てたiPhone 12・13シリーズ用「ショルダーストラップ付MagSafe対応iPhoneケース」の新型アクセサリー「マイクロバッグ」の予約販売を開始した。

新製品「マイクロバッグ」 image by: objcts.io

 オブジェクツアイオーは土屋鞄製造所と以前から協力関係にあったが、土屋鞄製造所傘下の事業となることで「これまで以上の速度で“創造を刺激するオブジェクト”をお届けするために、新素材の共同調達や生産体制の強化、製品を手に取っていただきやすい環境の構築を新たな体制で目指す」という。

 今回の体制変更に伴い、沼田氏は土屋鞄製造所の取締役に就任。なお、オブジェクツアイオーを展開してきたZokeiは土屋鞄製造所の傘下には入らず、オブジェクツアイオー以外の事業を継続する予定だ。

角森智至 沼田雄二朗

2021年11月掲載インタビュー
洗えるレザートートからドローン専用バッグまで 土屋鞄出身者が手掛ける「オブジェクツアイオー」がニッチな製品を開発する理由

ショートビデオ
最新の関連記事
Realtime

現在の人気記事

    次の記事を探す

    Ranking Top 10

    アクセスランキング