「Role Play」メインヴィジュアル
「Role Play」メインヴィジュアル
Image by: PRADA

Art

プラダが展覧会「ロール プレイ」を青山店で開催、メリッサ・ハリスがキュレーション

 「プラダ(PRADA)」が、大学教授や作家として活動するメリッサ・ハリス(Melissa Harris)がキュレーションを手掛けた展覧会「ロール プレイ(Role Play)」をプラダ 青山店で開催する。会期は3月11日から6月20日まで。

「Role Play」メインヴィジュアル Image by PRADA
「Role Play」メインヴィジュアル
Image by: PRADA
— ADの後に記事が続きます —

 ロール プレイは、代替可能かつ理想化されたアイデンティティを模索や投影などを通して作り上げる概念について探求する企画。ロールプレイングや分身の創造、自己の拡散を切り口に制作されたアーティストの作品を展示することで、個人の本質や表向きの人格について問いかけるという。

 会場ではジュノ・カリプソ(Juno Calypso)や、ベアトリーチェ・マルキ(Beatrice Marchi)、ハルカ・サカグチ、グリセルダ・サン・マルティン(Griselda San Martin)、澤田知子、ボゴシ・セクフニ(Bogosi Sekhukhuni)といった国際的に活躍するアーティストの作品を展示。ベアトリーチェ・マルキが自身の分身であるケイティに焦点を当てたオーディオ作品「Never Be My Friend」(2014)、ハルカ・サカグチとグリセルダ・サン・マルティンが米国のエンターテインメントや映画業界における多様性の欠如を訴えた風刺的なポートレート「Typecast」(2019)、衣装やカツラ、化粧によって異なる30人のキャラクターを表現した澤田知子の写真シリーズ「OMIAI♡」(2001)などが並ぶ。各アーティストの作品は、クリエイティブエージェンシーのRandom Studioが手掛けた光のインスタレーションの中で展示される。

プラダ 2022年秋冬メンズコレクション

関連記事
パワーショルダーで労働服を格上げした「プラダ」メンズ22AW 10人の俳優がモデルに

■Role Play
会期:2022年3月11日(金)〜6月20日(月)
会場:プラダ 青山店5階
住所:東京都港区南青山5-2-6
営業時間:11:00〜20:00
入場料:無料

1985/写真がアートになったとき (写真叢書)
著: 弓, 粟生田、杏, 小林
ブランド: 青弓社
メーカー: 青弓社
価格: ¥2,056(2022/02/04現在)

最新の関連記事
Realtime

現在の人気記事

    次の記事を探す

    Ranking Top 10

    アクセスランキング