Business

スノーピークが食品事業の新会社を設立 雪室で熟成した小麦を使用した食パンを販売へ

 スノーピークが、新潟県三条市を中心に飲食店を展開するグレートカンパニー(GreatCompany)と共同で、食品の開発や製造を手掛ける新会社「スノーピーク ローカルフーズ(Snow Peak Local Foods)」を設立すると発表した。

— ADの後に記事が続きます —

 スノーピークは食に関連した事業として、都市型レストラン「Snow Peak Eat」や地方型レストラン「Restaurant 雪峰」、カフェ「Snow Peak Cafe」の運営に加えて、マルシェや収穫体験など、地方を訪れた人と生産者を結ぶ活動に取り組んでいる。

 新会社は新潟をはじめとする地域の食文化を深耕し、発信していくプラットフォーム事業と位置付ける。設立日は3月8日を予定し、資本金は7500万円。持ち株比率はスノーピークが66.7%、グレートカンパニーは33.3%とする。代表取締役CEOはスノーピークの山井梨沙社長、代表取締役社長はグレートカンパニーの関義実代表がそれぞれ着任する。

 第1弾の取り組みとして、雪国・新潟に古くから受け継がれる文化である天然冷蔵庫「雪室」で熟成した小麦を使用した製品の開発に着手。3ヶ月間熟成させた小麦粉と新潟県産コシヒカリの米粉を用いた「雪室食パン」などを販売する予定だ。商品は今年4月15日に開業予定の複合型リゾート「フィールド スイート スパ ヘッドクォーターズ(FIELD SUITE SPA HEADQUARTERS)」の店頭やオンラインでの販売を計画している。

インタビュー
「アパレルをスノーピークの文化に」躍進を支えるモノづくりと企業風土

ショートビデオ
最新の関連記事
Realtime

現在の人気記事

    次の記事を探す

    Ranking Top 10

    アクセスランキング