Image by: ジョルジオ アルマーニ

Fashion

「私の心はウクライナの人たちと共にある」 ジョルジオ アルマーニが無音でショーを開催

 「ジョルジオ アルマーニ(GIORGIO ARMANI)」が、2022-23年秋冬コレクションのランウェイショーを開催した。ロシア軍の軍事侵攻による現在のウクライナの状況鑑みて、BGMは使わず無音のショーとなった。

— ADの後に記事が続きます —

 デザイナーのジョルジオ・アルマーニ(Giorgio Armani)は「今起きていることを踏まえて、自分にできることは何かと自問しました。私の心はウクライナの人たちと共にあるのだということを、どうしても伝えたかったのです。この場でお祝いしている場合ではないことを伝える方法を探さなければなりませんでした」という考えから、「ウクライナの悲劇に巻き込まれた人々へのリスペクトのサイン」として、ショー開催の数時間前に急遽、無音での発表に変更したという。

 2022-23年秋冬コレクションのテーマは「Signs of Light ー光のサインー」。ウィメンズからは、光沢感のある素材のセットアップやフェイクファーのコート、艶感のあるベルベット素材のパンツ、スパンコールを散りばめたようなデザインのアイテムなど、「光」を彷彿とさせるアイテムが登場した。メンズではテーラードジャケットやコートなど定番アイテムの素材にベルベットやカシミアを採用したアイテムが発表された。

 ジョルジオ・アルマーニは「バックステージでもランウェイでも、沈黙はどんな音楽よりも大きく、インパクトがあったと思っています」とコメントした。

最新の関連記事
Realtime

現在の人気記事

    次の記事を探す

    Ranking Top 10

    アクセスランキング