オフ-ホワイト公式インスタグラムより
オフ-ホワイト公式インスタグラムより

Fashion

オフ-ホワイトのアート・イメージディレクターにDAZED編集長のイブラヒム・カマラが就任

 「オフ-ホワイト c/o ヴァージル アブロー™(OFF-WHITE c/o VIRGIL ABLOH™)」(以下、オフ-ホワイト)が、イブラヒム・カマラ(Ibrahim Kamara)をアート・イメージディレクターに起用した。クリエイティブディレクションチームに加わり、ブランドのアートディレクションを統括するという。

オフ-ホワイト公式インスタグラムより
オフ-ホワイト公式インスタグラムより
— ADの後に記事が続きます —

 イブラヒム・カマラは、西アフリカのシエラレオネ出身で、幼少期をガンビアで過ごし、スタイリスト・ファッションディレクターとしてロンドンを拠点に活動。オフ-ホワイトや「ルイ・ヴィトン(LOUIS VUITTON)」のコレクションスタイリングを手掛けたほか、雑誌「ヴォーグ(VOUGE)」や、「ミュウミュウ(MIU MIU)」、「クリスチャン ディオール(Christian Dior)」、「ステラ マッカートニー(STELLA McCARTNEY)」などのアートワークを担当。2021年1月には、ロンドンのファッション&カルチャー誌「DAZED」の編集長に就任した。

 イブラヒム・カマラの就任にあたりオフホワイトの最高経営責任者であるアンドレア・グリッリは、「オフホワイトファミリーの一員であり、ショーのスタイリングを何年も続けているイブラヒムがブランドのアートとクリエイティブを担当することはとても名誉な事です」とコメントしている。

DAZED 編集長 イブラヒム・カマラ

関連記事
DAZED、新編集長にスタイリストのイブラヒム・カマラが就任

ショートビデオ
最新の関連記事
Realtime

現在の人気記事

    次の記事を探す

    Ranking Top 10

    アクセスランキング