大阪マルビル
大阪マルビル
Image by: 大和ハウス工業

Lifestyle

大阪マルビルが建て替え、2030年春の完成目指す

 大和ハウス工業と大阪マルビルが、ホテルや飲食店などで構成される複合ビル「大阪マルビル」の建て替え計画を発表した。2023年夏に工事着手を予定し、2030年春の完成を目指すという。

大阪マルビル Image by 大和ハウス工業
大阪マルビル
Image by: 大和ハウス工業
— ADの後に記事が続きます —

 大阪マルビルは、1976年4月に日本初の円形超高層ビルとして誕生。「大阪第一ホテル」を中心として、飲食店や物販店舗など35テナントで構成されている。ユニークな形状から大阪のランドマークとして親しまれ、開業当時から話題性のある商業施設が入居したことで情報発信基地としての機能を果たしてきた。屋上には、創業時から電光掲示板を設置。一時撤去されていたが、2005年10月に新たにLEDを採用した新型電光掲示板が復活した。

 建て替え計画は竣工から50年近く経過し、建物・設備の老朽化や周辺施設との競争力の低下が課題となってきたことから決定。地上30階建て、高さ約123mの現状の建物から高層化し、多目的に利用できる大型ホールや高機能オフィスの設置などを予定している。また解体工事後の敷地は、2025年日本国際博覧会(大阪・関西万博)の開催期間中にバスターミナルとして活用するという。

関連記事
心斎橋に新ランドマークが誕生、御堂筋・長堀通に面する低層階にラグジュアリーブランドを誘致へ


大阪万博: 20世紀が夢見た21世紀 (小学館クリエイティブビジュアル)
著: 平野 暁臣
ブランド: 小学館クリエイティブ
メーカー: 小学館
価格: ¥5,390(2022/05/13現在)

ショートビデオ
最新の関連記事
Realtime

現在の人気記事

    次の記事を探す

    Ranking Top 10

    アクセスランキング