提供:2025年日本国際博覧会協会
提供:2025年日本国際博覧会協会

Fashion

「大阪・関西万博」日常使いできるグッズの売れ行き好調、一部商品が完売

 大阪・関西万博が、2025年に開催される。万博の機運醸成に向けて昨年9月に発売を開始した公式ラインセンスグッズは雑貨やアパレルアイテムを揃えており、今年4月13日には万博開催3年前に合わせた「3 YEARS TO GO」コレクションを新たに発売。3 YEARS TO GOの一部商品は完売となっている。

提供:2025年日本国際博覧会協会
提供:2025年日本国際博覧会協会
— ADの後に記事が続きます —

 大阪・関西万博を運営する公益社団法人 2025年日本国際博覧会協会は、公式グッズの具体的な売上高・販売総数は非公開としているが、販売状況に関して「既に完売となっている商品もあったりと好調に推移している」とコメント。特にSDGs(持続可能な開発目標)を念頭にアイテム選定を行った「コンセプトライン」の売り上げが好調で、「残糸タオル」「サスティナブルコットンタオル」など日常使いできるアイテムが人気だという。小物では「大阪・関西万博 カラビナキーホルダー」「大阪・関西万博 リングキーホルダー」に加えて、「再生PET樹脂 クリアファイル」「再生紙付箋」「再生紙ノート」「再生紙ボールペン」といった文房具類の売り上げも堅調に推移している。

 アパレルアイテムは法被やTシャツ、ポロシャツ、パーカを展開しており、販売開始時から継続して人気を博している。デザインは2025年日本国際博覧会協会が監修し、ADKグループ、近鉄百貨店、マッスが企画制作・製造・販売を担当。各アイテムには斬新なデザインで注目を集めた公式ロゴをデザインしており、右脇にビッグロゴをあしらったTシャツはSNSで「可愛い」「買うしかない…」「めっちゃいい!!!」などといった反響を呼んでいる。

 公式ライセンスグッズは現在、近鉄百貨店の公式オンラインストアやMARUZEN&ジュンク堂書店梅田店、ファミリーマート大阪市役所店、東急ハンズ心斎橋店などで取り扱っており、販売店舗および販売時期は公式サイトで随時更新される。

並列した3つの建物

関連記事
大阪マルビルが建て替え、2030年春の完成目指す

■公式ラインセンスグッズ:公式サイト

Science Window 2021年春号(4-6月号)/15巻1号 特集「みんなで創るぞ 2025年大阪・関西万博」 Science Window/サイエンスウィンドウ
編集: サイエンスウィンドウ 編集部
メーカー: 国立研究開発法人 科学技術振興機構
発売日: 2021/07/16

ショートビデオ
最新の関連記事
Realtime

現在の人気記事

    次の記事を探す

    Ranking Top 10

    アクセスランキング