Techable

コーヒー器具メーカー「ハリオ」からスピーカーが登場 電源不要でアウトドアに最適

Techable

Webテクノロジーに関する話題を発信するニュースサイト

フォローする:

— ADの後に記事が続きます —

キャンプや釣りなどのアウトドアシーンで、音楽を楽しみたいけれどスピーカーの充電切れや汚れが気になるという人もいるのではないでしょうか。

そんな人におすすめのスピーカー「自音 ~電気を使わないスピーカー~Zebrang」を、コーヒー器具メーカーハリオが発表しました。「HARIO NETSHOP」限定で、5月21日(土)に発売します。

価格は1万9800円(税込)。

コーヒーをより一層楽しめる空間と安らぎを

「自音 ~電気を使わないスピーカー~Zebrang」は、屋外コーヒー器具ブランドZebrang(ゼブラン)シリーズの新商品。

Zebrangは、キャンプでできる「新たなコーヒー体験」をテーマにハリオが立ち上げたブランドです。これまで、ハリオの開発ノウハウを生かして、折り畳み式のドリッパーなどを販売してきました。

アウトドアシーンで楽しむコーヒーが最高の一杯となるように、ギア以外のコーヒーを美味しくする要素にも注目したZebrang。

「こだわりのギアをそろえたら、自分だけの“空間づくり”も楽しんでほしい」という思いから、スピーカーの開発に着手したといいます。

音の方向を操作して周囲への配慮ができる

「自音 ~電気を使わないスピーカー~Zebrang」は、スマートフォンを置くだけで使えるスピーカー。無電源でコードなどがないため、屋外でも充電切れを気にすることなく持ち運ぶことができます。

同製品は、金属の削り出しにより不要な振動を抑制。ハリオは、輪郭が際立ったクリアな音が特徴だとうたいます。イヤフォンとは違った味わいのある音を感じられそうです。

また、セットになっているパーツを使用することで音の方向を操作することが可能です。

「正面にのみ音を流す」といったことができるため、アウトドアシーンで周りのグループへの配慮をしながら音楽を楽しむことができるでしょう。

汚れたり水に濡れたりしても洗える

「自音 ~電気を使わないスピーカー~Zebrang」は、丸洗いすることもできるため、キャンプ場やビーチなど水に濡れたり砂埃が気になったりするシーンでの使用も可能です。

アウトドアシーンを中心に、浴室やキッチンでも活躍が期待できるでしょう。

PR TIMES
ブランドサイト

(文・takuma hanawa)

最新の関連記事
Realtime

現在の人気記事

    次の記事を探す

    Ranking Top 10

    アクセスランキング