東京都現代美術館「ジャン・プルーヴェ展 椅子から建築まで」広報物イメージ Design by Tamotsu Yagi Design
東京都現代美術館「ジャン・プルーヴェ展 椅子から建築まで」広報物イメージ Design by Tamotsu Yagi Design

Art

東京都現代美術館がジャン・プルーヴェの展覧会を開催 代表作から移築可能な建築作品まで約120点を展示

 東京都現代美術館が、パリの建築家ジャン・プルーヴェ(Jean Prouvé)にフォーカスを当てた展覧会「ジャン・プルーヴェ展 椅子から建築まで」を開催する。同展はパリのギャラリー・パトリック・セガン(Galerie Patrick Seguin)とグラフィックデザイナー八木保の共同企画で、会期は7月16日から10月16日まで。

東京都現代美術館「ジャン・プルーヴェ展 椅子から建築まで」広報物イメージ Design by Tamotsu Yagi Design
東京都現代美術館「ジャン・プルーヴェ展 椅子から建築まで」広報物イメージ Design by Tamotsu Yagi Design
— ADの後に記事が続きます —

 「ジャン・プルーヴェ展 椅子から建築まで」は、プルーヴェの代表作である「ファサード・パネル」「ライン照明」や「移動式脚立(特注)」「引き出し付き折りたたみテーブル」を中心に、プルーヴェとスイスの建築家ピエール・ジャンヌレ(Pierre Jeanneret)が共同で設計した「F 8x8 BCC組立式住宅」、1944年に東フランスの難民のための住居として設計された「6x6組立式住宅」などの建築作品を含む約120点を、図面やスケッチの資料と合わせて展示する。展示のほか、プルーヴェのインタビュー映像を上映。展示室には1953年頃に制作された「折りたたみ天板付き講義室用ベンチ」を設置し、来場者は実際に作品に座って映像を鑑賞することができる。

壁に描かれたテキスト

関連記事
着物の変遷を辿る展覧会がメトロポリタン美術館で開催、能の衣装や絹織物などを紹介

■ジャン・プルーヴェ展 椅子から建築まで
会期:2022年7月16日(土)〜10月16日(日)
会場:東京都現代美術館 企画展示室 1階、地下2階
開館時間:10:00〜18:00 ※展示室入場は閉館の30分前まで
休館日:月曜日(7月18日、9月19日、10月10日は開館)、7月19日、9月20日、10月11日
観覧料:一般2000円/大学生・専門学生・65歳以上 1300円/中高生 800円 ※小学生以下は無料
問い合わせ:050-5541-8600

構築の人、ジャン・プルーヴェ
著: ジャン・プルーヴェ
編集: 早間 玲子
その他: 早間 玲子
翻訳: 早間 玲子
ブランド: みすず書房
メーカー: みすず書房
価格: ¥9,350(2022/06/14現在)

最新の関連記事
Realtime

現在の人気記事

    次の記事を探す

    Ranking Top 10

    アクセスランキング