Installation view of Kimono Style: The John C. Weber Collection, on view June 7, 2022 – February 20, 2023 at The Metropolitan Museum of Art, New York. Photo by Bruce Schwarz, Courtesy of The Met
Installation view of Kimono Style: The John C. Weber Collection, on view June 7, 2022 – February 20, 2023 at The Metropolitan Museum of Art, New York. Photo by Bruce Schwarz, Courtesy of The Met

Art

着物の変遷を辿る展覧会がメトロポリタン美術館で開催、能の衣装や絹織物などを紹介

 着物ファッションの歴史を辿る展覧会「着物スタイル:ジョン・C・ウェバーコレクション展(Kimono Style: The John C. Weber Collection)」が、ニューヨークのメトロポリタン美術館で開催されている。期間は2023年2月20日まで。美術愛好家のジョン・C・ウェバーのコレクションや、同美術館のコスチューム・インスティチュートのコレクションを展示している。

Installation view of Kimono Style: The John C. Weber Collection, on view June 7, 2022 – February 20, 2023 at The Metropolitan Museum of Art, New York. Photo by Bruce Schwarz, Courtesy of The Met
Installation view of Kimono Style: The John C. Weber Collection, on view June 7, 2022 – February 20, 2023 at The Metropolitan Museum of Art, New York. Photo by Bruce Schwarz, Courtesy of The Met
— ADの後に記事が続きます —

 同展では14世紀の室町時代から20世紀後半までの日本のファッションを対象に、能と狂言に着用されている衣装や15世紀頃から19世紀半ばにかけて制作された陣羽織、20世紀初頭に人気を博した平織した絣の絹織物 銘仙などを紹介。江戸時代の衣服のパターンと染色技術や、徳川幕府崩壊後に起きた日本のファッションシステムの近代化、20世紀後半から日本と西洋の両方でファッションのインスピレーション源となった着物の構造などを公開している。

 会場では西洋のクチュール、日本絵画、浮世絵、工芸品とともに、紳士服、子ども服を含む60点以上の着物を展示。日常生活の衣服からマドレーヌ・ヴィオネ(Madeleine Vionnet)やクリストバル・バレンシアガ(Cristóbal Balenciaga)といったファッションデザイナーに影響を与える存在となった着物ファッションの変遷を紐解く。

「ファン・ゴッホ ー僕には世界がこう見えるー」のポスター画像

関連記事
角川武蔵野ミュージアムで日本初の体感型ゴッホ展が開催 巨大映像空間に没入するデジタル劇場

■Kimono Style: The John C. Weber Collection:公式サイト

Pen (ペン) 「特集:メトロポリタン美術館のすべて」〈2022年3月号〉 [雑誌]
著: ペン編集部
メーカー: 株式会社CCCメディアハウス
発売日: 2022/01/28
価格: ¥730(2022/06/06現在)

最新の関連記事
Realtime

現在の人気記事

    次の記事を探す

    Ranking Top 10

    アクセスランキング