Techable

1日単位のホテル宿泊権、NOT A HOTELがNFTメンバーシップを今夏開始

Techable

Webテクノロジーに関する話題を発信するニュースサイト

フォローする:

— ADの後に記事が続きます —

NOT A HOTEL株式会社(以下、NOT A HOTEL社)は、専用アプリで管理をおこなう住宅(別荘)兼ホテル「NOT A HOTEL」を毎年1日単位で利用できる宿泊権と、イベント参加などの特典を合わせたメンバーシップのNFTを、2022年夏に販売開始します。

旅をする日・旅先がランダムで決まる

NOT A HOTELは、年間30日からライフスタイルに合わせた購入が可能な住宅(別荘)兼ホテル。別荘として利用する分だけ金額を支払えるほか、滞在しない期間はホテルとして貸し出せるため、無駄なく運用できます。

今回、NOT A HOTEL社は、偶然を楽しみ、旅をしながらNOT A HOTELの世界観を体験することを目的としたメンバーシップを販売。

メンバーシップの購入時点では旅をする日も旅をする先も決まっておらず、購入後に「毎年旅をする日」をランダムに付与するとのことです。

宿泊の3か月前にはメンバーシップ加入者のもとへ、AirdropでNFTの鍵「THE KEY」が届き、旅先がランダムで決まります。

今年中の開業を予定している「NOT A HOTEL AOSHIMA」「NOT A HOTEL NASU」だけでなく、今後増えていく新たなNOT A HOTELの拠点を含め、旅を楽しめるようです。

NFTの売買・プレゼントが可能

NOT A HOTEL社のメンバーシップは、一時的な宿泊を伴う利用権でなく、毎年旅をする権利は建物の耐久年数と同じく47年間続くものです。加入者はその権利を「偽造不可な鑑定書・所有証明書付きのデジタルデータ」であるNFTで保有することができます。

また、「二次流通で売買する」「人にプレゼントする」といった使い方も可能。

旅する日のスケジュールが合わなければ、その年に受け取るTHE KEYのみを売却することができ、メンバーシップを保有していれば、また翌年新たなTHE KEYが届きます。

選べる2つのメンバーシップ

NOT A HOTEL社は今回、「NOT A HOTEL(NAH)」「NOT A HOTEL EXCLUSIVE(NAHE)」の2種類のメンバーシップを提供。

NOT A HOTEL(NAH)は、毎年1泊から楽しめるメンバーシップ。NOT A HOTELが主催する、食やワイン、アート、日本文化などを楽しめるさまざまなイベントへ参加できます。

一方、NOT A HOTEL EXCLUSIVE(NAHE)は、3泊同じNOT A HOTELに連続して泊まれるほか、イベントに参加できるメンバーシップ。一般ゲストは利用できない全国の特別な拠点「EXCLUSIVE HOUSE」の利用も可能(有料)です。

PR TIMES
NOT A HOTEL
NOT A HOTEL NFT

(文・Haruka Isobe)

最新の関連記事
Realtime

現在の人気記事

    次の記事を探す

    Ranking Top 10

    アクセスランキング