三崎商事の公式サイトより
三崎商事の公式サイトより

Business

三崎商事が民事再生法申請、1996年にドルチェ&ガッバーナと提携

 海外ブランドの輸入販売などを手掛ける三崎商事が、8月1日に大阪地裁に民事再生法の適用を申請した。2022年2月期決算時点で、負債総額は46億6300万円。

三崎商事の公式サイトより
三崎商事の公式サイトより
— ADの後に記事が続きます —

 三崎商事は、1963年創業。1996年4月には「ドルチェ&ガッバーナ(Dolce&Gabbana)」が同社と提携し、2012年春夏シーズンまで展開したコレクションライン「D&G」とともに日本市場に参入した。ドルチェ&ガッバーナの提携は2002年5月に終了している。2015年9月5日には創業者の三崎政二氏から経営を受け継いだ前社長の三崎龍哉が死去しており、2017年6月に三崎政二氏が逝去。現在は「ゲラルディーニ(GHERARDINI)」「マロ(MALO)」「チヴィディーニ(CIVIDINI)」「アレクサンドル ズアリ(ALEXANDRE ZOUARI)」などを輸入販売している。

黒のグラフィック

関連記事
「エスカーダ」の日本法人が破産、過去に東京でコレクションを発表

ショートビデオ
最新の関連記事
Realtime

現在の人気記事

    次の記事を探す

    Ranking Top 10

    アクセスランキング