BOUSAI賃貸住宅「nonoka(野の家)シェアフィールド」イメージ
BOUSAI賃貸住宅「nonoka(野の家)シェアフィールド」イメージ
Image by: スノーピーク

Fashion

スノーピークが賃貸住宅を運営、焚き火ラウンジやゲストハウスを併設

 「スノーピーク(Snow Peak)」が、大東建託との共同プロジェクトとして、防災に特化した賃貸住宅「nonoka(野の家)シェアフィールド」をオープンする。開業は2023年を予定している。

BOUSAI賃貸住宅「nonoka(野の家)シェアフィールド」イメージ Image by スノーピーク
BOUSAI賃貸住宅「nonoka(野の家)シェアフィールド」イメージ
Image by: スノーピーク
— ADの後に記事が続きます —

 同プロジェクトは、「防災に強い賃貸住宅」を目指す大東建託と「野遊びができる家」を提案するスノーピークが、互いの理念や取り組みに共感したことで実現。nonokaシェアフィールドは、「防災」を「野遊び」のようにより身近で日常的な文化とすることを目標に、地域創生に貢献する共創コミュニティを提供する場として運営する。外と内の境界線を曖昧にすることで、家にいながらも自然を感じることができる賃貸住宅を中心に、焚き火ラウンジや住民以外も利用可能なゲストハウス、防災グッズやアウトドアグッズの販売するショップを併設するほか、防災訓練の実施も予定している。

 プロジェクトの始動に伴い、両社はともにプロジェクトを実行するオーナーやパートナーを募集。公式サイトで受け付けている。

関連記事
スノーピーク ランドステーション東京がオープン カフェを併設

関連記事
キャンプでも家でも楽しめる「スノーピーク(Snow Peak)」のお洒落ツール10選

■BOUSAI賃貸住宅「nonoka(野の家)シェアフィールド」:公式サイト

スノーピーク「楽しいまま!」成長を続ける経営
著: 山井 太
メーカー: 日経BP
発売日: 2019/10/18
価格: ¥1,584(2022/08/04現在)

最新の関連記事
Realtime

現在の人気記事

    次の記事を探す

    Ranking Top 10

    アクセスランキング