Image by: たまえ。

Art

幼少期に叔父から性虐待を受けた美術家 浦丸真太郎 個展を神保町で開催

 美術家の浦丸真太郎の個展「縫合」が、神保町の美学校スタジオで開催される。期間は9月3から11日まで。

Image by たまえ。
Image by: たまえ。
— ADの後に記事が続きます —

 1993年生まれの浦丸は、幼少期に叔父から性虐待を受けた。現在はその経験を軸に、詩や写真、絵画、パフォーマンスなど様々な作品制作を行っている。2018年にグループ展「オソレの品種改良」で東浩紀賞、2019年にグループ展「ホーム・ランド」で岩渕貞哉賞を受賞し、今年5月にはグループ展「他者の目を気にして漂流する」をターナーギャラリーで実施した。

 今回の個展では、自身の虐待体験による傷だけでなく、傷を抱えて生きる人達の痛んで止まない傷に着目。個展を通し、過去の自分の思いを紡ぐように祈りを込めて「縫合」を行うという。

まさゆめ 目 巨大な顔

関連記事
【インタビュー】東京の空に浮上した巨大な顔《まさゆめ》、アートチーム目が込めた想いとは?

■「縫合」概要
会期:2022年9月3日〜9月11日
会場:美学校スタジオ
住所:東京都千代田区西神田2-4-6 宮川ビル1階
TEL:03-3262-2529
会館時間:13:00〜20:00
休館日:会期中無休
観覧料:無料
アクセス:神保町駅A2出口 徒歩6分

弘前れんが倉庫美術館で開催される奈良美智の過去の個展を振り返る展覧会で展示される作品

関連記事
奈良美智を振り返る企画展が弘前れんが倉庫美術館で開催

現代アート、超入門! (集英社新書 484F)
著: 藤田 令伊
ブランド: 集英社
メーカー: 集英社
価格: ¥880(2022/08/04現在)

ショートビデオ
最新の関連記事
Realtime

現在の人気記事

    次の記事を探す

    Ranking Top 10

    アクセスランキング