「レオポルド美術館 エゴン・シーレ展 ウィーンが生んだ若き天才」
「レオポルド美術館 エゴン・シーレ展 ウィーンが生んだ若き天才」

Art

画家 エゴン・シーレの大規模展覧会が開催、約120点の作品を展示

 オーストリア人の画家 エゴン・シーレ(Egon Schiele)の展覧会「レオポルド美術館 エゴン・シーレ展 ウィーンが生んだ若き天才」が、東京都美術館で開催される。会期は2023年1月26日から4月9日まで。同氏の大規模な展覧会が東京で開催されるのは30年ぶりだという。

「レオポルド美術館 エゴン・シーレ展 ウィーンが生んだ若き天才」
「レオポルド美術館 エゴン・シーレ展 ウィーンが生んだ若き天才」
— ADの後に記事が続きます —

 シーレは1890年、オーストリアのトゥルン生まれ。1906年に最年少でウィーンの美術学校に入学したが、保守的な教育への不満から退学し、仲間とともに「新芸術家集団」を結成した。わいせつ画の頒布とモデルの少女誘拐の疑いでの逮捕や第一次世界大戦への招集を受けながらも創作活動を続けたが、妻のエディト・ハームスとともに夫婦でスペイン風邪に感染し、エディトに続いて1918年10月31日にシーレが逝去した。享年28。

 同展ではウィーンのレオポルド美術館の所蔵作品を中心に、シーレの油彩画とドローイングから40点以上を展示。会場ではシーレの作品に加えて、クリムト、ココシュカ、ゲルストルをはじめとする同時代の作家たちの作品をあわせた約120点の作品が並ぶ。

ジャン・プルーヴェ展 椅子から建築まで

関連記事
世界中のコレクターのプライベートコレクションで構成、「ジャン・プルーヴェ展 椅子から建築まで」の内部をレポート

■レオポルド美術館 エゴン・シーレ展 ウィーンが生んだ若き天才
会場 : 東京都美術館(東京・上野公園)
会期:2023年1月26日(木)〜4月9日(日)
問い合わせ先 : 050-5541-8600(ハローダイヤル)
公式サイト 

エゴン・シーレ: ドローイング 水彩画作品集
著: ジェーン カリアー
監修: ヴァルタニアン,アイヴァン
原著: Kallir,Jane、Vartanian,Ivan
翻訳: 京子, 和田
ブランド: 新潮社
メーカー: 新潮社
価格: ¥6,600(2022/07/22現在)

ショートビデオ
最新の関連記事
Realtime

現在の人気記事

    次の記事を探す

    Ranking Top 10

    アクセスランキング