「YOSHITOMO NARA + graf A to Z」展示風景(2006年)©︎Yoshitomo Nara
「YOSHITOMO NARA + graf A to Z」展示風景(2006年)©︎Yoshitomo Nara
Image by: 撮影:永野雅子

Art

奈良美智を振り返る企画展が弘前れんが倉庫美術館で開催

 現代美術家の奈良美智が、過去の個展を振り返る展覧会『「もしもし、奈良さんの展覧会はできませんか?」奈良美智展弘前 2002-2006 ドキュメント展』を、出身地である弘前に位置する弘前れんが倉庫美術館で開催される。会期は9月17日から2023年3月21日まで。

「YOSHITOMO NARA + graf A to Z」展示風景(2006年)©︎Yoshitomo Nara Image by  撮影:永野雅子
「YOSHITOMO NARA + graf A to Z」展示風景(2006年)©︎Yoshitomo Nara
Image by: 撮影:永野雅子
— ADの後に記事が続きます —

 同展では、奈良が2002年、2005年、2006年と過去3回にわたって弘前で開催してきた「奈良美智展」にフォーカス。同点が地域のアートプロジェクトや美術館、そこに関わる人々に与えた影響について考えることを目的として企画された。開催当時の関係者へのインタビュー映像や印刷物、グッズを用意するほか、写真家の永野雅子と細川葉子によって撮影された展示風景や準備の様子などの写真を展示。奈良が過去の展覧会で発表した絵画やドローイング、立体作品の一部も披露される。会場構成は、過去の展示のグラフィックを手掛けたデザイナーの山本誠が担当する。

 作品の展示に加え、参加型プロジェクトも実施。これまでの奈良美智展を研究し、上演される「もしもし演劇部」や、奈良美智展が街や個人に与えた影響をリサーチする「小さな起こりリサーチプロジェクト」を行う。また、会期中には永野雅子、細川葉子、山本誠の3人によるオープニングトークや学芸スタッフによるギャラリーツアー、また奈良によるDJイベントなどの開催を予定している。

ジャン・プルーヴェ展 椅子から建築まで

関連記事
世界中のコレクターのプライベートコレクションで構成、「ジャン・プルーヴェ展 椅子から建築まで」の内部をレポート

ヴァージル・アブローの後ろ姿

関連記事
ブルックリン美術館でヴァージル・アブローに焦点を当てた展覧会が開幕

■「もしもし、奈良さんの展覧会はできませんか?」奈良美智展 弘前 2002-2006 ドキュメント展
会期:2022年9月17日(土)〜2023年3月21日(火)
会場:弘前れんが倉庫美術館
所在地:青森県弘前市吉野町2-1
営業時間:9:00〜17:00 ※入館は閉館の30分前まで
休館日:火曜日、12月26日(月)〜1月1日(日) ※3月21日は開館
観覧料:一般 税込1300(1200)円 大学生・専門学校生 税込1000(900)円 ※()内は20名以上の団体料金/高校生以下、弘前市内の留学生、満65歳以上の弘前市民は無料
問い合わせ:0172-32-8950

奈良美智 YOSHITOMO NARA SELF-SELECTED WORKS PAINTINGS
著: 奈良 美智
メーカー: 青幻舎
価格: ¥4,180(2022/07/27現在)

最新の関連記事
Realtime

現在の人気記事

    次の記事を探す

    Ranking Top 10

    アクセスランキング