Techable

空港に行くと自分専用の電光掲示板、デルタ航空の取り組みが近未来的

Techable

Webテクノロジーに関する話題を発信するニュースサイト

フォローする:

— ADの後に記事が続きます —

長期休暇になると混雑する空港。新型コロナウイルスの感染拡大により、利用する機会は大幅に減少しましたが、それでも多くの人で賑わっています。

便の状況を表示する電光掲示板を見たくても、自分のフライトが表示されるまでに時間がかかったり、人が多くて足止めを食らったりした経験がある人もいるのではないでしょうか。

そんななか、デルタ航空は、デトロイト・メトロポリタン空港で搭乗客ごとにパーソナライズした情報を表示するスクリーンの試験運用をおこなっています。

1つの画面に100人分の情報を同時に表示

この画期的なスクリーンは、デルタ航空がカリフォルニアのスタートアップと共同で開発したもの。

「PARALLEL REALITY(パラレル・リアリティ)」と名付けられた案内板には、便の出発時刻、ゲート番号、歩く方向など乗客一人ひとりの旅程に合わせてパーソナライズした情報が表示されます。

なお、1つの画面に、100人分の情報を同時に表示することができます。

個人情報漏洩のリスクもなし

同時に100人分の情報が表示されるため、他の乗客に自分のフライト情報を見られる可能性があるのでは、と考える人もいるかもしれませんが、その心配はいりません。特別なセンサーを用いて表示される情報は、あなた以外には見えないようなメカニズムになっているからです。

情報はスクリーンの前の表示領域でしか機能せず、その領域を離れるとすぐに削除されます。また、情報は保存されないため、漏洩などデータ管理に関する心配も不要です。

PARALLEL REALITY使用方法

PARALLEL REALITYの使い方はとてもシンプル。キオスクの端末で、下記3つの方法のうち1つを使って登録するだけです。

・FlyDeltaアプリからデジタル搭乗券をスキャン

・紙の搭乗券をスキャン

・デジタルIDを使用(対象者のみ)

登録が完了したら、デルタ スカイクラブ付近にあるPARALLEL REALITYの案内板に向かいます。視聴エリアに入ると、あなた専用の挨拶文とフライト情報などが表示されます。

「この新しい技術によって、ゲートや出発の情報をより早く簡単に見つけることができるようになれば、私たちはお客様に手品を見せるだけでなく、現実の問題を解決していることになるのです」と、デルタ航空カスタマーエクスペリエンス担当上級副社長のRanjan Goswami氏は述べています。

デルタ航空(1)(2)(3
EURONEWS

(文・K.Taichi)

ショートビデオ
最新の関連記事
Realtime

現在の人気記事

    次の記事を探す

    Ranking Top 10

    アクセスランキング