花王公式サイトより
花王公式サイトより

Beauty

花王がスペインに既存の倍以上の生産能力をもつ合成香料生産設備を増設

 花王が、スペインのKao Chemicals Europe オレッサ工場に、合成香料メチル ジヒドロ ジャスモネート(以下、MDJ)の生産設備を増設する。

花王公式サイトより
花王公式サイトより
— ADの後に記事が続きます —

 MDJはみずみずしいジャスミンの香りを付与した基幹香料原料で、他素材との親和性が高いことから幅広い製品に使用され、2021年の推定市場規模は2万トンと言われ、グローバルの年平均成長率4%が見込まれている。同社では2001年からスペインで生産し、MDJの供給は欧州市場でシェア1位を獲得。欧州市場を中心とした需要拡大に対応し事業を強化、シェア1位を維持・拡大に向け新設備増設を決定した。新設備の生産能力は既存の倍以上を見込み、2022年12月に完成、2023年初めから稼働する。

 新設備には独自開発技術の製造法を採用することで、生産性向上とCO2排出量の年間2000トン削減、塩分を含む排水の100%(年間850トン)削減による排水処理エネルギーの低減などを実現する。

■花王:公式サイト

香料化学 - におい分子が作るかおりの世界 -
著: 長谷川 登志夫
メーカー: コロナ社
価格: ¥2,090(2022/08/12現在)

ショートビデオ
最新の関連記事
Realtime

現在の人気記事

    次の記事を探す

    Ranking Top 10

    アクセスランキング