Image by: LUNASOL

Beauty

花王が美容専門学校に「ルナソル」の販売終了商品などを提供 次世代教育支援と商品の廃棄削減の一環で

 花王がベルエポック美容専門学校と提携し、同校の学生にカネボウ化粧品のプレステージブランド「ルナソル(LUNASOL)」の商品を教材として提供した。販売終了となったアイテムや限定品など、品質が保証された出荷前の約6500点。次世代教育支援の一環に加え、商品の廃棄削減に繋げる狙いだ。

Image by LUNASOL
Image by: LUNASOL
— ADの後に記事が続きます —

 今回の提携で同校の学生に向けて、ルナソルのブランドチームや花王ビューティリサーチ&クリエーションセンターのアーティストが特別授業を実施。1年生約40人を前に、ルナソルの世界観やモノづくりのこだわり、提供商品の開発秘話などを講義したほか、アイパレットとリップの提供商品を使ったメイクのデモンストレーション、メイク実習を行った。

 取り組みについて、学生の中井士さん(18歳)は「アイパレットには普段、自分では使わないカラーが入っていたので、新たなメイクに挑戦できて嬉しかったです。ピンクは似合わないと思っていましたが、つけてみたらとてもかわいかった」と笑顔。また、村山咲来さん(18歳)は「デパコスは高価で簡単に買ったり捨てたりできない。こういう機会でいただけるとたくさん使えて嬉しいです。できることならこういった商品がアウトレットのように手頃な価格で購入できるようになったらいいな」と話した。

 同校教育部長 トータルビューティ科学科長 菊地 慶氏は「販売終了商品を提供いただくことは授業の幅をさらに広げ、学生たちの学びを深めるものだと感じている。また、学生のSDGsや学生自身の商品の使用に対する意識も変わってくると思う」と、取り組みへの期待を語った。花王は今後も、商品の教材提供を継続するほか、将来のメイクアップアーティスト育成支援に向けた活動を同学校と協働で取り組む。

 ルナソルは2021年に、従来の年4回の多色ラインナップの新商品発売スタイルを見直し、年6回、それぞれ旬の2パターンのメイクアップ提案による限定品を中心とした発売に変更。すべての商品を広告でモデルが使用するメインカラーとして提案し、売れ行きの偏りをなくして廃棄削減につなげるほか、ECサイトや特定の店舗で先行発売を行うことで需給予測を立て、生産数の精度を向上させている。

■ルナソル:公式サイト

FASHIONSNAPでは、ビューティ/ウェルネス専用のInstagramとTwitterも更新中。新作や最旬トレンドのほか、記事には載らない情報もお届けしています。ぜひチェックしてみてください!
■Instagram https://fsna.co/UrR
■Twitter https://fsna.co/Be8

無いならメイクで描けばいい
著: GYUTAE(ギュテ)
メーカー: 幻冬舎
発売日: 2022/03/30
価格: ¥1,650(2022/07/13現在)

ショートビデオ
最新の関連記事
Realtime

現在の人気記事

    次の記事を探す

    Ranking Top 10

    アクセスランキング