Image by: 水甚

Business

エディー・バウアーが日本再上陸、水甚と伊藤忠商事が提携

 「エディー・バウアー(Eddie Bauer)」が、2023年春夏シーズンに日本再上陸する。水甚が、伊藤忠商事とエディー・バウアーの日本国内におけるライセンス契約を締結。同ブランドは、昨年の12月に日本国内の店舗および公式オンラインストアの営業が終了していた。

Image by 水甚
Image by: 水甚
— ADの後に記事が続きます —

 エディー・バウアーは、1920年にアメリカのシアトルで創業。日本へは、1994年に進出した。その後2021年にオーセンティック・ブランズ・グループ(Authentic Brands Group)が買収し、現在は全世界に約300店舗を展開。今回、伊藤忠商事が国内の販売権及びライセンス権を取得した。

フラッグシップストア 新宿サザンテラス

営業最終日のレポート
「エディー・バウアー」日本全店が閉店 “売りつくし”ハンガー詰め放題も

 水甚と伊藤忠商事は今後、直営店や公式オンラインストアをはじめ、百貨店、セレクトショップ、スポーツ専門店への販路拡充を目指す。

関連記事
伊藤忠商事が「バブアー」の独占輸入販売権を取得

■水甚:公式サイト

Guide to Backpacking
著: Satterfield, Archie、Bauer, Eddie
メーカー: Addison-Wesley Educational Publishers Inc
価格: ¥720(2022/08/19現在)

ショートビデオ
最新の関連記事
Realtime

現在の人気記事

    次の記事を探す

    Ranking Top 10

    アクセスランキング