「エディー・バウアー」フラッグシップストア 新宿サザンテラス
「エディー・バウアー」フラッグシップストア 新宿サザンテラス
Image by: FASHIONSNAP

Fashion

「エディー・バウアー」日本全店が閉店 “売りつくし”ハンガー詰め放題も

「エディー・バウアー」フラッグシップストア 新宿サザンテラス Image by FASHIONSNAP
「エディー・バウアー」フラッグシップストア 新宿サザンテラス
Image by: FASHIONSNAP

 日本国内の「エディー・バウアー(Eddie Bauer)」が、12月31日の今日の営業をもって全店閉店する。各店舗で店内全商品を90%オフ以上で販売しているほか、什器や備品も販売。ハンガーに関しては詰め放題サービスも行っている。

— ADの後に記事が続きます —

 エディー・バウアーは1920年にアメリカ・シアトルで誕生。日本へは1994年に進出し、2019年に上陸25周年を迎えた。本国のエディー・バウアーは今年6月に米ブランド管理会社のオーセンティック・ブランズ・グループに売却された。

 日本国内の全店閉店は今年10月に発表し、同月15日から過去最大規模のセールを開催。56店舗あった実店舗は順次閉店し、公式サイトの情報によると最終日に営業する店舗は14店舗に絞り込まれた。オンラインストアは12月5日をもって閉店した。

 最終日は一部対象商品を5点で500円で販売。一部店舗ではすでにアパレルが品切れとなっている。

 フラッグシップストア 新宿サザンテラスではアパレル商品が完売しており、現在はハンガーや紙袋、マネキン、什器、コピーペーパーを販売。ハンガーは詰め放題で1袋1000円で売られている。日本1号店出店地に再出店した自由が丘店でもアパレルは品切れとなっており、新宿サザンテラス店と同様にハンガーやマネキンを取り扱っている。最終日に閉店する店舗はいずれも18時に営業を終了する予定。

関連記事
日本撤退の「フォーエバー 21」が全店舗閉店、最終日は全品50円で販売

■本日最終営業日の店舗
東京:
・フラッグシップストア 新宿サザンテラス
・自由が丘店
・池袋サンシャインシティ店

関東エリア:
・クイーンズスクエア横浜店
・モザイクモール港北店
・イオンスタイル新百合ヶ丘店
・アウトレットあみ店
・アウトレット佐野店

東海・甲信越エリア
・イオンモール大高店
・アウトレット軽井沢プリンス店
・アウトレット土岐店
・アウトレット御殿場店

近畿エリア:
・神戸元町店

中国・九州エリア
・天神店

※その他店舗の営業状況につきましては公式サイトの掲載情報をご確認ください。

アパレルに未来はある
著: 川島蓉子
メーカー: 日経BP
発売日: 2021/12/10
価格: ¥1,760(2021/12/31現在)

最新の関連記事

Realtime

現在の人気記事

    次の記事を探す

    Ranking Top 10

    アクセスランキング