Fashion HR

セレクトショップとブランドの違い

Fashion HR

ファッション業界に特化した仕事・転職サイト

フォローする:

— ADの後に記事が続きます —

アパレルのショップの業態には、大きなカテゴリとして「ブランド」と「セレクトショップ」の2種類があり、それぞれ顧客のニーズに合わせた販売方法を展開しています。では実際に、何が違うのでしょうか?今回は、販売員を志望するなら知っておきたい、両者の違いや特性、働き方の違いについて紹介します。

セレクトショップとは

自社のブランド商品を販売するブランド直営のショップに対し、バイヤーが店の方向性に沿って複数のブランドから商品を仕入れる店舗をセレクトショップと言います。大手企業が全国的に展開しているのものから個人経営のものまで、その規模はさまざま。品揃えは大手量販店のようなオールラウンダーではなく、ファッションの方向性や年齢層によってターゲットを絞っているのが大きな特徴です。

カジュアルなものからデザイン性の強いモード系の商品を取り扱うものまで、店のバリエーションも豊富で、国内外から幅広い商品を取り揃えています。例えばBEAMS(ビームス)はアメカジ、NANO universe(ナノ・ユニバース)はきれいめカジュアルなどの特徴があるため、ファッションの好みなどを語る際に店舗名を指して「○○系」という言い方もよくされています。

ブランドとの違い

セレクトショップとブランドの決定的な違いは、1つの店で複数のブランドを取り扱っていることにあります。そのため自身の好みに合った服を見つけやすく、いくつも店を巡らずとも自分好みのコーディネートが可能。また、トレンドを常に意識して商品を揃えていることからスタッフの知識量も豊富で、直営店を持たない新進ブランドがバイヤーの目にとまってセレクトショップから飛躍するという流れも多く見られます。大手のショップではファッションだけにとどまらず、ライフスタイル全般に関わる商品を取り扱っており、商品選びにおいても多面的な楽しみ方ができます。

また、セレクトショップが自社で企画・生産を行ったオリジナル商品を販売する「プライベートブランド」= “セレオリ”と呼ばれる業態も見られ、タグなどにショップ名の付いているものがそれに該当します。近年では大手セレクトショップの大半がオリジナル商品を手掛けており、商品ラインナップの中に占める比率が高まっています。

インポートの定義

セレクトショップの中には海外ブランド商品を販売している店舗も多くあります。ここでは、海外ブランドにインポートとライセンスブランドの2種類があることについて解説します。

まず、ライセンスブランドとは、販売を展開する国(この項では日本とします)の会社と契約を交わしている海外ブランドのことを指します。これは、ブランドの商標権=ライセンスに対して日本の会社がロイヤリティを支払い、サイズやテイストを日本人向けにアレンジして製造・販売するというアパレル業界のビジネスモデルの一つで、バーバリーやカルバンクライン、ポール・スミスなどは、日本の企業が手掛けるライセンスブランドとして広く浸透しています。

一方、インポートとは、海外ブランドの中でもライセンスブランド以外のものを指します。シャネルやグッチ、ルイ・ヴィトンなどの高級ブランドは日本で法人を設立し、原産国で製造された商品を輸入して直営ショップやセレクトショップで販売。一般的に高価なイメージがあり、ブランドのイメージをダイレクトに表現した先鋭的なデザインの商品なども積極的にリリースされています。

働き方に違いはあるの?

アパレルの販売という点においてセレクトショップとブランドで仕事内容に大きな差はありません。しかし、セレクトショップの場合、店作りのベースとなっているコンセプトへの深い理解や取り扱うブランドに対する幅広い知識が求められます。インポートなどラグジュアリー系のブランドは購入する側も博識である場合が多いため、表面的な情報だけでは顧客と台東のコミュニケーションを取ることができません。取り扱いブランドの歴史をある程度把握し、シーズンごとのトレンドを常にチェックすることを心がけておきましょう。

営業戦略でも、ファストファッションなど価格帯が抑えめな店舗では、接客をほぼ行わない「PULL型」が中心であるのに対し、価格帯が中程度から高価なものにまで及ぶセレクトショップでは、「PUSH型(店側が顧客に積極的に提案)」が主に実践されています。PUSH型の営業では担当制度を設けるなど、接客においても顧客との密なコミュニケーションが重視されます。特にハイブランドではその傾向が顕著であり、将来、独立してセレクトショップの開業を計画している人であれば、ハイブランドでの勤務経験は大いに役立つことでしょう。

代表的なセレクトショップ

最後に、代表的なセレクトショップをいくつか紹介していきます。それぞれのショップのカラーを覚えておくと良いかもしれません。

SHIPS(シップス)

創業はビームスよりも1年早い1975年で、日本のセレクトショップでは最古参の部類にあたります。イタリア製のスーツを中心としたトラッドカジュアルが得意で、ターゲットの年齢層は若干高め。オリジナルブランドは「シップス MEN」「シップス WOMEN」のほか、着心地の良さを重視した「リラフティ シップス」など7つのラインを展開。アクセサリーの品揃えも豊富です。

BAYCREW’S(ベイクルーズ)

ファッションだけでなく食やインテリア、美容などライフスタイル全般にかかわる96ものブランドを展開。アパレルの主力となる「ジャーナルスタンダード」は、アメリカンカジュアルをベースに20代〜30代をメインにした商品を揃えています。フレンチテイストを打ち出した「エディフィス」は、スーツなども取り扱い、スタイリッシュなコーディネートにうってつけです。

BEAMS(ビームス)

1976年にアメリカンカジュアルの専門店として創業。現在もデニム系からアウトドアまで、カジュアルをメインに据えた商品を取り揃えています。オリジナルブランドも幅広い年齢層に向けて展開。「ビームスF」や「エッフェビームス」など、大人向けのラインでも遊び心を取り入れたスタイルを提案し、アートギャラリーやレコードストアなどカルチャー方面の業務にも注力しています。

NANO universe(ナノ・ユニバース)

1999年の創業以来、急成長を遂げているセレクトショップ。ヨーロピアントラッドをベースにしながらモードからカジュアルまでと守備範囲は広く、ビジネスの場面でも違和感なく着ることができます。オリジナルブランドは、タイトですっきりしたシルエットや素材・仕立ての良さに定評があり、メイン購買層である20代を中心に長く着続けられるアイテムとして好まれています。

URBAN RESEARCH(アーバンリサーチ)

関西発のセレクトショップとして1997年に1号店をオープン。ショップ名が示すように都会的で洗練されたカジュアルを指針とし、30代以上にマッチするような大人向けのテイストが特徴です。オリジナルブランドでは、スタイリッシュに比重を寄せた「アーバンリサーチ ロッソ」や、ワーク・ミリタリーのテイストを強調した「アーバンリサーチアイディ」など、15のラインで細かなニーズに対応しています。

TEXT:伊東孝晃

ショートビデオ
最新の関連記事
Realtime

現在の人気記事

    次の記事を探す

    Ranking Top 10

    アクセスランキング