ADVERTISING

「ブランドが体現するサステナビリティの先頭に」アシックスがリサイクルできる高機能ランニングシューズを発売

白いランニングシューズ

ニンバス ミライ

IMAGE by: FASHIONSNAP

白いランニングシューズ

ニンバス ミライ

IMAGE by: FASHIONSNAP

「ブランドが体現するサステナビリティの先頭に」アシックスがリサイクルできる高機能ランニングシューズを発売

白いランニングシューズ

ニンバス ミライ

IMAGE by: FASHIONSNAP

 「アシックス(asics)」が、リサイクルできる新作ランニングシューズ「ニンバス ミライ(NIMBUS MIRAI)」を発売する。4月12日から、アシックスラン 東京丸の内、アシックスフラッグシップ原宿、アシックスストア大阪、アシックスオンラインストアで数量限定で取り扱う。発売に先駆けて、アシックスラン 東京丸の内で行われた記者発表会には、アシックスのフットウエア生産統括部マテリアル部⻑でニンバス ミライの開発責任者の上福元史隆氏、同社のパフォーマンスランニングフットウエア統括部デザイン部の安藤良泰氏、サステナビリティ部⻑の井上聖子氏、サーキュラーエコノミー研究家の安居昭博氏が登壇した。

 ニンバス ミライは、機能性とデザイン性、サステナビリティを両立した高機能モデルとして開発。従来のモデルと同等の品質や性能を保ちながら、廃棄時には回収サービスを用意し、各素材をリサイクルできるようにした。アシックスの中でも最高峰のランニングシューズである「ゲルニンバス(GEL-NIMBUS)」の「ニンバス(NIMBUS、ラテン語で雲を意味する)」を名前に冠し、サステナビリティだけではなく、高い機能性を表現したという。また「持続可能な世界が当たり前となるべく、次世代のランナーと一緒に考えていきたい」という思いのもと、「ミライ」と名付けた。メーカー希望小売価格は税込2万2000円。

ADVERTISING

(左から)フットウエア生産統括部マテリアル部⻑の上福元史隆、デザイン部の安藤良泰、サステナビリティ部⻑の井上聖子

(左から)フットウエア生産統括部マテリアル部⻑の上福元史隆、デザイン部の安藤良泰、サステナビリティ部⻑の井上聖子

Imaged by FASHIONSNAP

 上福元氏は、開発の経緯について「世界では年間293億ものシューズが生産されているが、そのうち95%がリサイクルされずに廃棄されている。それを改善する取り組みとして、アシックスが体現するサステナビリティの先頭を走るシューズであることと、最上位のパフォーマンスを発揮するランニングシューズであることを両立したシューズとして開発した。開発期間は約3年7ヶ月を要した」と説明。従来のシューズはアッパーが数十種類の複合素材でできておりリサイクルが難しかったことから、ニンバス ミライのアッパーには全て単一素材のポリエステルを採用。細かいパーツまで全て同一素材にすることで、パーツごとに分解しなくてもリサイクルできる仕様にした。上福元氏は、素材にポリエステルを選んだ理由については「アパレル素材として使われるポリエステルはリサイクルのスキームが整っていることから、シューズでも同じようなリサイクルのループが実現できるのではないかと考えた」ことがきっかけだと話した。

 また、アッパーとミッドソールを接合する接着剤を独自開発。従来と同等の強度でありながら、熱を加えることで簡単に剥がせる仕様にしたことで、アッパーとミッドソールを分けてリサイクルすることができる。アッパーのポリエステルは、リサイクルで新たなシューズに生まれ変わり、ミッドソールとアウトソールは、粉砕処理を施すことでマットやパネルなどの素材の一部にリサイクルされるという。カラーは、真っ白に染色するのではなく、あえてポリエステル素材そのものの色を生かした生成色。ヒールのサイド部分やシューズボックスにはリサイクルのループを表すサークルのマークやイラストを施した。また、シューズボックスとシュータンにあしらわれたQRコードは、読み込むことで回収方法について記載した特設サイトにアクセスすることができるという。

白いランニングシューズ
白いランニングシューズ
シュータンとシューズボックスのQRコード

Image by FASHIONSNAP

 開発にあたり、アシックスの開発チームは、日本で初めて「ゼロ・ウェイスト」宣言をし、独自のリサイクルの仕組みを取り入れている徳島県の上勝町に訪問。上勝町では、約80%のゴミの資源化に成功しているのに対し、リサイクルできずに廃棄される残りの20%のゴミの中にはシューズが含まれていたという。デザインを手掛けた安藤氏は「上勝町でシューズのリサイクルの難しさについて知り、廃棄を想定して作られていない今のシューズ産業の実態を改めて実感した」と振り返り、町民を巻き込んでリサイクルを成立させた町の仕組みを起点にした開発背景を明かした。

 ニンバス ミライは、まずは国内で数量限定の展開となるが、今後は継続的な販売と展開規模の拡大を見据える。上福元氏は「『サステナブルだから』ではなく、快適さやデザイン性、機能性を軸に選んでもらえたら嬉しい。回収ができることやサステナブルであることは1つの要素なので、手放すときに回収サービスを選んでもらうことで初めてリサイクルのループが完成する」と話し、顧客を巻き込んだ参加型サステナビリティの実現への期待をのぞかせた。サーキュラーエコノミー研究家の安居氏は、アシックスの取り組みについて「商品開発の段階からリサイクルを見据えるサーキュラーエコノミーに取り組むことは、これから異業種にも広がっていくのではないかと思う。特に、独自素材である接着剤の開発は、シューズ産業のみならず他の分野の企業にとっても大きなステップになるのでは」とコメントした。

フォトセッションの様子 (左から)フットウエア生産統括部マテリアル部⻑の上福元史隆、デザイン部の安藤良泰、サステナビリティ部⻑の井上聖子、サーキュラーエコノミー研究家の安居昭博

■ニンバス ミライ:特設サイト

ADVERTISING

JOB OPPOTUNITIES

最新の求人情報(求人一覧

求人

デジタルマーケティング

On

デジタルマーケティング

詳細を見る

ジャーナル

【NESTBOWL転職成功事例】結婚・出産・5年のブランクを経てアパレル業界へ。ワークライフバ...

【NESTBOWL転職成功事例】結婚・出産・5年のブランクを経てアパレル業界へ。ワークライフバ...

記事を読む

求人

ストア・アドバイザー (フルタイム)

On

ストア・アドバイザー (フルタイム)

年収

350万 〜 550万

詳細を見る

ジャーナル

大手企業からスタートアップへ。その経験から見えてきた活躍する人材の共通点とは

大手企業からスタートアップへ。その経験から見えてきた活躍する人材の共通点とは

記事を読む

ジャーナル

【スタートアップ企業向け】ケリングがアワードを日本で初開催!ファッション・ビューティ分野のイノ...

【スタートアップ企業向け】ケリングがアワードを日本で初開催!ファッション・ビューティ分野のイノ...

記事を読む

ジャーナル

おいしさ、安心感、一歩踏み込んだ知識を届けたい。人と人が繋がるオーガニックスーパー「15/e ...

おいしさ、安心感、一歩踏み込んだ知識を届けたい。人と人が繋がるオーガニックスーパー「15/e ...

記事を読む

コラボパートナーの募集情報
コラボ募集一覧

コラボ

ドイツ腕時計ブランドの"ZEPPELIN"とのコラボレーションウォッチパートナ...

ZEPPELIN ドイツ腕時計ブランドの"ZEPPELIN"とのコラボレーションウォッチパートナ...

詳細を見る

コラボ

自治体の枠にとらわれない幅広いコラボ実績をもつ「サガプライズ!」とのコラボレーシ...

サガプライズ! 自治体の枠にとらわれない幅広いコラボ実績をもつ「サガプライズ!」とのコラボレーシ...

詳細を見る

コラボ

俳優上野樹里が手掛ける人にも地球にもやさしいものづくりプロジェクトブランド「T...

TuiKauri 俳優上野樹里が手掛ける人にも地球にもやさしいものづくりプロジェクトブランド「T...

詳細を見る

コラボ

多方面で活躍中のデザイナー安藤大春とのコラボレーション

Ohal 多方面で活躍中のデザイナー安藤大春とのコラボレーション

詳細を見る

Powered by

FIND THE NEXT

次の記事を探す

ニンバス ミライ

IMAGE by: FASHIONSNAP

現在の人気記事

NEWS LETTERニュースレター

人気のお買いモノ記事

公式SNSアカウント