ADVERTISING

住居リフォームを手軽に、インド発プラットフォーム「Livspace」2025年上場目指す

住居リフォームを手軽に、インド発プラットフォーム「Livspace」2025年上場目指す

Webテクノロジーに関する話題を発信するニュースサイト
Techable

世界全体のユニコーン企業数は、リサーチ会社CB Insightsによると現在約1200社。そして、インドメディア「INC42」によると、2024年3月時点でインド国内ユニコーン企業数は114社。よって、インドは世界のユニコーン企業の10%近くを占めていることになる。

ADVERTISING

INC42は2022年を「インドにおけるスタートアップの歴史において大きな節目」に位置づけている。というのも、その年にインド発のユニコーン企業が100社を超えたからだ。そのうち一社がLivspaceである。

Image Credits:Livspace

2014年に設立された同社は、住宅リフォームのオムニチャネルプラットフォームを構築し、確実にその規模を拡大していった。設立から8年後、LivspaceはKKR主導のシリーズFラウンドで1億8000万ドルの資金を獲得し、企業価値10億ドル以上のユニコーン企業入りを果たしている。

アジア最大の住居リフォームプラットフォーム

Livspaceが展開する住宅リフォーム用オムニチャネルプラットフォームは、現在アジア最大級とされている。7万5000件以上のリフォーム実績、4か国40以上の都市に50か所以上のリアル店舗があると聞けば、同社の規模がイメージできるだろうか。

住宅リフォームを簡単に発注できることが特徴で、住居オーナーは5つのステップで理想の住居を手に入れることができる。デザイナー紹介→Livspaceを予約→発注→施工開始→引越し、といった具合だ。しかも、注文から45日以内の引き渡しと10年保証が約束されている。

Image Credits:Livspace

さらに、同社サイト上のカタログから、キッチンや風呂場などのリノベーションしたい箇所・デザインテイストを選択し、部屋のサイズなどを入力するだけで簡単に見積りが取れる。インドには親日家が多いことから、“Shoji screen”や、“Tatami flooring”など和モダンのデザインも提供しているという。

床には畳をしき、窓には竹製のブラインドを設置した和風のデザイン例。Image Credits:LivspaceImage Credits:Livspace

スピーディーで透明性の高いリフォーム体験を可能にしたのは、同社が独自のテクノロジーを活かして構築したデジタルプラットフォームにある。

Livspaceのデジタルプラットフォーム上では、住居オーナー、デザイナー・施工会社、OEM・製造会社というリフォームに関わる全てのステークホルダーが繋がっている。

住居オーナーが求めるのはインスピレーション、信頼、価格、納期、品質の透明性。デザイナー・施工会社が求めるのは安定した収入、ソフトウェアツール、予測可能なサプライチェーン。そして、OEM・製造会社が求めるのは、より多くの製品を販売すること。全ステークホルダーのニーズを満たすデジタルプラットフォームを構築したことで、効率的で透明性の高い住居リフォームのエコシステムを作り出した。

モデルルームでリフォーム後の住まいを体験

同社の壮大な住居リプラットフォームを支えているのが、精鋭のエンジニアとデザイナーが揃うLivTech部門だ。エンジニアリング・チームは最先端のテクノロジーを活かして顧客体験の最適化を支える。一方、デザイン・チームは、住居リフォームの発注から引き渡しまでの工程が直感的で快適なユーザーエクスペリエンスになるよう取り組んでいる。

しかし、どんなにデジタルプラットフォームが優れていても、ユーザーがリフォーム後の住居が持つ雰囲気や質感まで体感することは不可能だ。そこでLivspaceは、インド国内では35ヵ所以上の「エクスペリエンス・センター」と呼ばれる店舗拠点を構えている。多様なコンセプトでデザインされたモデルルームがあり、リフォーム後の住まいを住居オーナーが体験できるようになっている。

Image Credits:Livspace

同センターでは、デジタル上では感じることの難しいカーテンや家具などの質感を実際に触れて確かめることも可能だ。3500人以上の登録デザイナーの一人と対面で相談しながらデザインを決めることができる。

デジタルと店舗を連動させたオムニチャネルプラットフォームでユーザーの住居リフォーム体験の最適化を図るLivspace。その壮大な顧客体験への取組みから、英国に本社を置く世界最大級のブランドメディアGlobal Brands Magazineで2021年「ベスト・インテリアデザイン・ソリューション・ブランド」に選ばれている。

創業から10年後、インド国内に凱旋しIPO目指す動き

大学時代の友人同士であるAnuj Srivastava氏とRamakant Sharma氏によって設立されたLivspace。そのきっかけは、自分達自身が住居リフォームに取組んだ時の体験にあった。当時、住居リフォーム業界は、プロセスが細分化されており調整が難しく、最適な専門家の選定、適正な価格と品質の確保も困難であったという。そのような体験から、住居オーナーが理想のマイホームに住むまでのサービスをワンストップで提供するプラットフォームの構築を決意したSrivastava氏とSharma氏。

Image Credits:Livspace

Srivastava氏は、Googleのeコマースチームでプロダクトマーケティングのグローバルマネージャーを務めた経験がある。ユーザーエクスペリエンスのプロでもある同氏は、スタートアップ界のチェスの達人でもあり、常に次の一手を考えながらLivspaceをリードしている。

一方の Sharma氏はかつてMyntra社のコアチームメンバーにして技術部のVPを務めた人物。eコマース、プロダクトディベロップメント、デジタルマーケティングなどにおける10年以上の経験を生かし、Livspaceのテクノロジーを牽引している。

同社は2019年にシンガポールに進出、国際市場をターゲットとするため本拠地を同国に移していた。2023年のシンガポールグループ企業発表によると、Livspaceの営業利益は前年度比85%増の11億4800万ルピー(約1億8800万シンガポールドル、約211億円)を記録。しかし、金融メディアMintの報道によると、インド市場の活況を受けて2025年には母国での上場を目指しているとのこと。今後の展開に注目したい。

ADVERTISING

JOB OPPOTUNITIES

最新の求人情報(求人一覧

求人

デジタルマーケティング

On

デジタルマーケティング

詳細を見る

ジャーナル

おいしさ、安心感、一歩踏み込んだ知識を届けたい。人と人が繋がるオーガニックスーパー「15/e ...

おいしさ、安心感、一歩踏み込んだ知識を届けたい。人と人が繋がるオーガニックスーパー「15/e ...

記事を読む

求人

シニアクライアントアドバイザー(販売員)

LOEWE

シニアクライアントアドバイザー(販売員)

年収

400万 〜

詳細を見る

ジャーナル

進化を続ける「ユニクロ」のサステナビリティ活動。担当23年のシェルバ英子さんが語る、これまでの...

進化を続ける「ユニクロ」のサステナビリティ活動。担当23年のシェルバ英子さんが語る、これまでの...

記事を読む

ジャーナル

止まらない「On」人気!人々から支持される理由、スピリットに迫る

止まらない「On」人気!人々から支持される理由、スピリットに迫る

記事を読む

ジャーナル

外資系ラグジュアリーブランドのマーケティング職とは?必要なスキル&マインドについても解説

外資系ラグジュアリーブランドのマーケティング職とは?必要なスキル&マインドについても解説

記事を読む

コラボパートナーの募集情報
コラボ募集一覧

コラボ

ドイツ腕時計ブランドの"ZEPPELIN"とのコラボレーションウォッチパートナ...

ZEPPELIN ドイツ腕時計ブランドの"ZEPPELIN"とのコラボレーションウォッチパートナ...

詳細を見る

コラボ

自治体の枠にとらわれない幅広いコラボ実績をもつ「サガプライズ!」とのコラボレーシ...

サガプライズ! 自治体の枠にとらわれない幅広いコラボ実績をもつ「サガプライズ!」とのコラボレーシ...

詳細を見る

コラボ

俳優上野樹里が手掛ける人にも地球にもやさしいものづくりプロジェクトブランド「T...

TuiKauri 俳優上野樹里が手掛ける人にも地球にもやさしいものづくりプロジェクトブランド「T...

詳細を見る

コラボ

多方面で活躍中のデザイナー安藤大春とのコラボレーション

Ohal 多方面で活躍中のデザイナー安藤大春とのコラボレーション

詳細を見る

Powered by

FIND THE NEXT

次の記事を探す

現在の人気記事

NEWS LETTERニュースレター

人気のお買いモノ記事

公式SNSアカウント