ADVERTISING

きっかけは「パリで溜まったフラストレーション」 クリエイティブ集団 99ジンジャーの衝動的一夜

99GINGER × New Balance

IMAGE by: Hiroyuki Ozawa

IMAGE by: Hiroyuki Ozawa

きっかけは「パリで溜まったフラストレーション」 クリエイティブ集団 99ジンジャーの衝動的一夜

99GINGER × New Balance

IMAGE by: Hiroyuki Ozawa

 今年1月に開催された2024-25年秋冬シーズンのパリ・メンズファッションウィーク。その中日で、NIGO®が「ケンゾー(KENZO)」のショーのフィナーレで「ナイキ(NIKE)」とのコラボを示唆するTシャツを着用し、「ディオール(DIOR)」が初のメンズクチュールを発表した1月19日の深夜、ハイファッションの喧騒から離れた13区のセーヌ川沿いでとあるパーティーが開催された。主宰は、パリを拠点に活動するクリエイティブ・コレクティブ「99ジンジャー(99GINGER)」だ。

99ジンジャーとは?

ADVERTISING

 ここ数年、パリのカルチャーシーンに旋風を巻き起こしているこのコレクティブは、同地の電子音楽レーベル「ロッシュ ミュージック(Roche Musique)」でアートディレクターを務めながらヨーロッパでDJとして活動していたキルウ(Kirou)が中心となり、2018年に結成された。

 「99ジンジャーの始まりは、パリで溜まったフラストレーションなんだ。ハウスミュージックが大好きだけど、ハウスミュージックだけが流れるパーティーに行きたいわけではなくて、ロンドンやアムステルダムのように、テクノもヒップホップも、R&Bもアフロビートも、クロスオーバーで楽しめるパーティーを探していた。でも、パリには無かったから自分で開催することにしたんだ」(キルウ)

 人種的・民族的多様性に富むパリ本来のパーティーを憧憬したキルウ。彼の意思に賛同する者は自然と集まり、今やDJ、デザイナー、アーティスト、詩人らを擁する7人組のコレクティブに成長した。キルウ、アヴァ・アンドレアニ(Ava Andreani)、ヴァンナ(Vanna)、ガブリエル(Gabriel)、クラリス・プレヴォー(Clarisse Prevost)、ナディア・ケイラ(Nadia Keira)、KCIVの7人はみな、エチオピア、ブラジル、カンボジア、アルジェリアなど、出自は異なるが同様の“文化的共通言語”を持つ移民二世。この多彩なアイデンティティと多才なスキルが集ったことで、99ジンジャーは単なるパーティー・オーガナイザーを超える存在となったのだ。

 現在、彼らはパリを中心に活動しつつ、昨年4月に東京・渋谷でもパーティーを開催したように、世界各国の街へ直接出向いてサウンドを届けている。その一方、イングランドのインターネットラジオ局「NTS ラジオ(NTS Radio)」からレギュラー枠で配信も行っているので、ぜひ聴いていただきたい。

ニューバランスとの異色のコラボが実現

 そんな99ジンジャーが2024年の1発目に仕掛けた催事こそが、1月19日のパーティーだった。実はこのパーティー、「ニューバランス(New Balance)」とのコラボスニーカー「1906R」の制作を記念したもので、開催9日前に突如としてアナウンス(両者は以前から懇意の仲)。にもかかわらず、1時間と経たずチケットがソールドアウトしていたことからも、彼らの注目度の高さが伺える。

 なお、クロコダイル柄が型押しされた艶やかなグリーンの「1906R」は220足限定のフレンズ&ファミリーモデルであることが公言され、一般販売モデルの有無は明かされていない。しかし2024年中にブラックバージョンが登場するという噂もある。

極寒の夜、熱狂のパーティー

 今回、99ジンジャーの素顔と魅力に迫るべく本パーティーに潜入。1月19日23時から4時間のみ開催された熱狂の一夜をレポートする。

 会場は、パリ13区のセーヌ川沿いにある文化施設「シテ・ド・ラ・モード・エ・デザイン(Cite de la Mode et du Design)」の地下1階に昨年オープンしたばかりのナイトクラブ「FVTVR」。入り口まで伸びる数百メートルの地下通路は、左手に川面を眺めつつ、ありとあらゆる壁面にグラフィティがボムされており、いかにもなアンダーグラウンドの雰囲気を漂わせる。

 歩みを進めた先では、ショッキングピンクのファーコートを着用したスタッフと屈強なセキュリティーたちが待ち構え、3度のチケット確認および入念な手荷物検査を経てようやく入場。この日は、ヨーロッパ全土を襲った強烈な寒気の影響で朝は数センチの雪が積もり、夜間も氷点下5度の厳しい冷え込みとなっていたが、半屋外空間のエントランスは寒さを微塵も感じさせない熱気に包まれていた。

 「ニューバランス」が絡んでいるパーティーなので当然と言えば当然であるが、来場者の足元の大半は「ニューバランス」。これに「サロモン(Salomon)」や「アディダス(adidas)」、「ティンバーランド(Timberland)」などのブーツ類が続き、スウッシュの着用率は1%にも満たなかったように思える。

 そして、エントランス奥のビニールカーテンを潜った先にあるのがラウンジエリア。いわゆる談笑スペースだが、我々からすると感度の高い"パリっ子"たちのリアルな姿を捉えることができる絶好のシューティングスポットだ。何人かに話を聞けば、数時間前にランウェイを歩き終わったモデル、某アウトドアブランドのスタッフ、人気古着屋の店員、建築専門のフォトグラファーだという。

 このラウンジエリアを抜けると前方に広がるのが、最大1000人を収容するメインフロアだ。99ジンジャーと友人の面々は、当然の如くキャパオーバーしたフロアなどお構いなしに、アフロビートからハードテクノ、ドラムンベース、ジャズファンク、USヒップホップまで、多様なジャンルを大胆かつ軽快によどみなく繋げ、来場者たちにスマホを掲げる隙も与えないほど踊らせる。そのエネルギーに満ち溢れた様子は、以下の写真に目を通すだけで伝わるはずだが、「フォトグラファーのカメラのレンズに結露が生じていた」と聞けば、ヒートアップ具合がより想像しやすいだろう。

 新しいトレンドがファッションシーンから生まれてくるとは限らず、新しいムーブメントは値踏みできないコミュニティとエネルギーから生み出される。それを肌身で感じられた一夜となった。もし、近くで99ジンジャーのパーティーが開催されるのであれば、好奇心の暴走に身を任せて迷わず足を運べばいい。理由なんていらない。最適化されたスマホの画面をスワイプしてばかりの世界から抜け出して、自身の身体で血の通ったムーブメントを味わおう。

Photo:Hiroyuki Ozawa

エディター&ライター

Riku Ogawa

WWDとHYPEBEAST出身でプレミアリーグのアーセナルを応援する、食道楽のエディター&ライター。お仕事のご連絡は各種SNSのDMまで。

ADVERTISING

JOB OPPOTUNITIES

最新の求人情報(求人一覧

求人

店長

LVMH Watch & Jewelry

店長

年収

600万 〜 800万

詳細を見る

ジャーナル

【連載】プロがわかりやすく解説!採用ブランディングの進め方 <Vol.1定義と施策の全体イメー...

【連載】プロがわかりやすく解説!採用ブランディングの進め方 <Vol.1定義と施策の全体イメー...

記事を読む

求人

ブランドアンバサダー

LVMH Watch & Jewelry

ブランドアンバサダー

年収

300万 〜 600万

詳細を見る

ジャーナル

創業117年を迎える淡路島の宝石・時計店「カマモト」。原動力となる商店街への思いとは

創業117年を迎える淡路島の宝石・時計店「カマモト」。原動力となる商店街への思いとは

記事を読む

ジャーナル

Jリーグ最強の企画屋とBEAMSの敏腕プロデューサーが川崎市市制100周年を盛り上げる!スポー...

Jリーグ最強の企画屋とBEAMSの敏腕プロデューサーが川崎市市制100周年を盛り上げる!スポー...

記事を読む

ジャーナル

【NESTBOWL転職成功事例】結婚・出産・5年のブランクを経てアパレル業界へ。ワークライフバ...

【NESTBOWL転職成功事例】結婚・出産・5年のブランクを経てアパレル業界へ。ワークライフバ...

記事を読む

コラボパートナーの募集情報
コラボ募集一覧

コラボ

ドイツ腕時計ブランドの"ZEPPELIN"とのコラボレーションウォッチパートナ...

ZEPPELIN ドイツ腕時計ブランドの"ZEPPELIN"とのコラボレーションウォッチパートナ...

詳細を見る

コラボ

自治体の枠にとらわれない幅広いコラボ実績をもつ「サガプライズ!」とのコラボレーシ...

サガプライズ! 自治体の枠にとらわれない幅広いコラボ実績をもつ「サガプライズ!」とのコラボレーシ...

詳細を見る

コラボ

俳優上野樹里が手掛ける人にも地球にもやさしいものづくりプロジェクトブランド「T...

TuiKauri 俳優上野樹里が手掛ける人にも地球にもやさしいものづくりプロジェクトブランド「T...

詳細を見る

コラボ

多方面で活躍中のデザイナー安藤大春とのコラボレーション

Ohal 多方面で活躍中のデザイナー安藤大春とのコラボレーション

詳細を見る

Powered by

FIND THE NEXT

次の記事を探す

IMAGE by: Hiroyuki Ozawa

現在の人気記事

NEWS LETTERニュースレター

人気のお買いモノ記事

公式SNSアカウント