Fashion インタビュー・対談

【短期連載】2019年ブレイク必至、ファッションアイコンとしても注目の若手5アーティスト -VaVa-

 蜜月関係にあるファッションと音楽。アーティストが音楽だけではなくそのスタイルも注目されるようになってきた中で、次にブレイクするのはどんな人物なのか?次世代のファッションアイコンにも成り得る5人のアーティストを10の質問で紐解く短期連載、第4弾はストリートシーンを騒がせているクリエイティブチーム「クリエイティブドラッグストア(Creative Drug Store)」の一員でもあるVaVa。

1.音楽で影響を受けたアーティストは?

 すぎやまこういちさん、植松伸夫さんですね。ヒップホップだとタイラー・ザ・クリエイター(Tyler, The Creator)がアルバムを出す前に公開していた「VCR」という曲のMVを初めてみた時、かなり衝撃を受けたのを覚えています。

2.憧れのファッションアイコンは?

 ファッションについては、ビートメイクだけをしていた時代とラップを始めてからでは趣味が変わっていて。昔はサプール(Sapeur)の文化が好きで、このヒゲもその頃からの名残です。実はゲームに出てくる魔王キャラをイメージしていて(笑)。でも最近は誰が好きっていうのはあまりなく、自分が似合う服をしっかり選びたいという気持ちで精一杯でございます。

3.今ハマっているスタイルは?

 とにかく動きやすい格好を意識しています。去年の1月頃から自分もラップを始めたんですが、ライブを意識するようになってやはり動きやすい方がいいなと。なので、基本は僕が所属しているクリエイティブドラッグストアの服ばかり着ています!

4.最近買ったアイテムは?

 「オズワルド ボーテング(OZWALD BOATENG)」の赤いチェスターコートです。裏地が緑でとても派手なんですけどスタイリッシュなのがお気に入りです。まだ一回も着てないので今冬中におろしたいと思っています。

5.狙っているアイテムは?

 ドラクエの福袋です。毎年携帯とPCの両方で張り付いてるのですが昨年は一個も買えませんでした。どうしても欲しかったんです...。まあ、買って何をするっていうわけでも無いんですけどね(笑)。

6.お気に入りのショップは?

 新宿のARTNIA、秋葉原のスーパーポテトに入り浸っております。

7.好きな映画は?

 みんな大好き北野武監督の「菊次郎の夏」です。時間の価値というものを改めて学ばせて頂いた気がしております。

8.最近気になっていることは?

 この冬をどう乗り切るかということですかね。僕は寒がりでも暑がりでもあって。暑がりだからあまり厚着もしたくないんですけど、この時期外に出るとやっぱり寒くて(笑)。冬場はいかに部屋にこもって作業できるかを考えています。

9.最近一番テンションが上がったことは?

 昨年の12月26日にリリースした「Universe」という僕のEPで、大好きな先輩アーティストの方と曲を作れたことです。これに尽きます。

10.平成最後に成し遂げたいことは?

 健康に気を使って週1ぐらいはプールなどに通って体を動かしたいです。あとは引き続き今年も色々な方々に良いと言ってもらえるような制作が出来ればと考えております。

パーカー:LOOPY HOTEL
パンツ:Creative Drug Store × Reebok
(全て本人私物)

VaVa

 2012年からビートメイカーとして活動を開始。これまでビートメイカーとして2013年「Blue Popcorn」、2016年「Jonathan」と2枚の作品を発表。またTHE OTOGIBANASHI'Sの1stアルバム「TOY BOX」や、2ndアルバム「BUSINESS CLASS」ではリード曲「Department」のプロデュースを担当。そして2017年、VaVa自身による全曲フル・プロデュースの1stラップアルバム「low mind boi」をリリースした。その他にも、平井堅「魔法って言っていいかな?」のオフィシャルRemixや、サニーデイ・サービス「Tokyo Sick feat. MARIA VaVa Remix」を手掛けるなど、HIPHOP層以外のアーティストからも高い支持を得ている。
公式サイト

【短期連載】2019年ブレイク必至、ファッションアイコンとしても注目したい若手5アーティスト
Vol.1 Black Boboi - Julia Shortreed
Vol.2 Attractions - TARO
Vol.3 No Buses - 近藤大彗
Vol.4 VaVa
Vol.5 Luby Sparks - Erika

最新の関連記事

おすすめ記事

Realtime

現在の人気記事

    次の記事を探す

    Ranking Top 10

    アクセスランキング