Image by: FASHIONSNAP

Artフォーカス

「デザイナート トーキョー 2019」今年の見どころは?押さえておきたい注目スポット14選

— ADの後に記事が続きます —

【1ページ】表参道・原宿エリア
【2ページ】銀座エリア
【3ページ】エルサレムデザインウィーク
【4ページ】女性アーティスト

「資生堂ギャラリー」開廊100周年を記念した展覧会

 1919年にオープンした日本で最古の画廊「資生堂ギャラリー」が今年で100周年を迎えたことを記念し、ベルリンを拠点に活動するコンセプチュアルアーティストのジェイ・チュン&キュウ・タケキ・マエダを迎えた展覧会を開催。資生堂の1923年から1959年までの印刷物に掲載されているグラフィックを用いたスライドショーによる作品「Moulting」をはじめ、ジェイ・チュン&キュウ・タケキ・マエダがセレクトしたアーティストたちの作品を紹介しています。

■開催概要
会場:資生堂ギャラリー
住所:東京都中央区銀座 8-8-3 東京銀座資生堂ビル地下 1階
電話番号:03-3572-3901
時間:11:00〜19:00(火〜土)、11:00〜18:00(日、祝日)
休館日:月曜日

「ザ・ギンザ」旗艦店が約400本のワイヤーに包まれた空間に

 資生堂の子会社ザ・ギンザによるスキンケアブランド「ザ・ギンザ(THE GINZA)」日本初の旗艦店「ザ・ギンザ コスメティックス 銀座」のオープン1周年を記念し、同店の空間デザインを担当した鬼木デザインスタジオ(ODS)による展覧会が地下2階のギャラリーで開催されています。会場ではザ・ギンザ コスメティックスの世界観からインスピレーションを得て制作した空間インスタレーションや新作家具、旗艦店の空間模型などを展示。ギャラリーの高い天井高を活かし、約400本のワイヤーを精密に張り巡らせることにより、力強さと柔らかさが共存する空間を演出しています。

■THE GINZA SPACE
住所:東京都中央区銀座5-9-15 地下2階
電話番号:03-5537-7835
時間:11:00〜19:00

サルヴァトーレ フェラガモ、現代の日本文化を探求する作品を展示

 サルヴァトーレ フェラガモ 銀座本店では、建築家で美術家の佐野文彦による工法や素材、寸法感覚などを活かした作品を紹介。様々な地域が持つ文化の新しい価値を作ることを目指し、自然によって育まれた素材を用いて「現代における日本の文化とは何か?」というテーマを掘り下げた作品が並んでいます。

■開催概要
会場:Salvatore Ferragamo 銀座本店
住所:東京都中央区銀座7-8-2
電話番号:03-3572-6600
時間:11:00〜20:00

ラリック、ダミアン・ハーストと製作したコラボアートピース公開

 クリスタルガラスのメゾン「ラリック(LALIQUE)」がデザイナート トーキョーに初参加し、ダミアン・ハースト(Damien Hirst)とコラボレーションした「エターナル」コレクションの中から日本初公開作品を含むオブジェ9点を展示。「科学」「宗教」「生命」「死」といったテーマを包括し、「生命の循環」を象徴する様々なモチーフをクリスタルで表現しています。

■LALIQUE x Damien Hirst
会場:ラリック銀座本店
住所:東京都中央区銀座5-6-13
電話番号:0120-505-220
時間11:30〜20:30
定休日:不定休

次のページは>>イスラエルの気鋭アーティストたちによる作品がスパイラルに集結

最新の関連記事

Realtime

現在の人気記事

    次の記事を探す

    Ranking Top 10

    アクセスランキング