Image by: FASHIONSNAP

Artフォーカス

「デザイナート トーキョー 2019」今年の見どころは?押さえておきたい注目スポット14選

— ADの後に記事が続きます —

【1ページ】表参道・原宿エリア
【2ページ】銀座エリア
【3ページ】エルサレムデザインウィーク
【4ページ】女性アーティスト

パラレルワールドの世界を表現する気鋭アートディレクター

 東京藝術大学デザイン科を卒業後に電通に入社し、2017年から電通とnendoの合弁会社cacdoに出向中のアートディレクター瀧亜沙子は、広告やパッケージデザイン、ブックデザイン、サイン計画、UIUXを手掛けるなど多岐にわたり活動しています。今回は出展にあたり、エデンの園で禁断の果実を口にした時に、イヴが自らの裸に気付きイチジクの葉の葉で自らの局部を隠したことからインスピレーションを得た作品を制作。「もしもあの時、イチジクの葉の葉がなかったら?自らの長髪で局部を隠していたのかもしれない」といったパラレルワールドの世界観を表現した立体作品や写真をヴィア バス ストップ ミュージアムで公開しています。ヘアメイクアーティストのスズキミナコやフォトグラファーの八木伸司とのコラボレーションで、今いる世界とは少し違う"毛髪主義"世界の可能性を探っています。

■もしもあの時、イチヂクの葉がなければ服は生まれなかった。
会場:ヴィア バス ストップ ミュージアム
住所:東京都渋谷区猿楽町28-14
電話番号:03-5459-1567
時間:11:00〜20:00

アイビー・ロスらがプロデュース、Googleのデザインを紐解くインスタレーション

 グーグル(Google)によるインスタレーション「コンマ(COMMA)」が、10月20日から21_21 DESIGN SIGHTギャラリー3で開催されます。同展はハードウェアデザインを統括するアイビー・ロス(Ivy Ross)が率いるGoogle Hardware Design Studioがプロデュースし、会場内には「Pixel 4」をはじめとする最新デバイスやハードウェアのデザインスケッチと共に、トレンド予測の第一人者であるリドヴィッチ・エデルコート(Lidewij Edelkoort)が東京、ストックホルム、ニューヨークなどの都市で集めた日用品や伝統工芸品を展示。「ただの電子機器ではなく、美しいオブジェをデザインしているという意識を常に持って設計しています」と話すアイビー・ロスのハードウェアデザインに対する哲学が垣間見えるインスタレーションになっています。

【関連記事】Googleハードウェアのデザイン哲学を表現するインスタレーションが開催

■COMMA
期間:2019年10月20日(日)〜27日(日)
時間:12:00〜19:00
場所:21_21 DESIGN SIGHTギャラリー3
住所:東京都港区赤坂9丁目7-6 東京ミッドタウン・ガーデン内
詳細ページ

自然の儚さを表現する台湾出身の新進アーティスト

 

 青山ブックセンター六本木店跡地に昨年オープンした書店「文喫」では、デザイナート トーキョー 2019の若手支援プログラム「UNDER-30」に選出された台湾出身のデザイナーでアーティストのチャーリン・チャンが日本初の個展を開催中。杉や楮(こうぞ)を使用したプロダクトが並んでおり、自然の持つ脆く、儚くも力強い性質を表現しています。

■隠喩としての自然
会場:文喫
住所:東京都港区六本木6-1-20 六本木電気ビルディング1階
電話番号:03-6438-9120
時間:9:00〜23:00

現代美術家 高山夏希が「ブルックス ブラザーズ」とタッグ

 西武渋谷店のウィンドウディスプレイの監修や、ファッションブランド「ヴィヴィアン タム(VIVIENNE TAM)」と協業アイテムを発売するなど多岐にわたり活動する高山夏希と、日本上陸40周年の「ブルックス ブラザーズ(Brooks Brothers)」がコラボレーション。青山店の店内に入ると、ポロプレーヤーと馬をモチーフにした大型のオブジェが目の前に出現します。高山が立体作品を手掛けるのは今回が初めてで、傷や汚れにより販売できなくなったボタンダウンシャツ99枚とネクタイ24本を使用。このほか、新作を含むドローイング作品が店内の随所に展示されています。

■開催概要
会場:ブルックス ブラザーズ 青山
住所:東京都港区北青山3-5-6
電話番号:03-3404-4295
時間:11:00〜19:30

最新の関連記事

Realtime

現在の人気記事

    次の記事を探す

    Ranking Top 10

    アクセスランキング