税別36万9,000円、スモール(H18.5×W29×D14cm)
カーフ+ゴートスエード+水ヘビ
「D スタイリング バッグ」
Image by: TOD'S

Fashion フォーカス Promotion

トッズの新アイコンバッグ「D スタイリング」について知っておきたい3つのこと

税別36万9,000円、スモール(H18.5×W29×D14cm)
カーフ+ゴートスエード+水ヘビ

「D スタイリング バッグ」
「D スタイリング バッグ」
Image by: TOD'S

 「D スタイリング」は、トッズ(TOD'S)がこの春に向けて提案する新たなアイコンバッグ。90年代後半にブランド初のバッグコレクションの一つとして発表された「D バッグ」のアップデートモデルで、現代女性に向けた新デザインとして誕生しました。D バッグがいかにして女性達に支持され進化してきたのか、その魅力やゆかりある人物など3つのトピックから「D スタイリング」を紐解きます。

① D バッグの「D」とは?

 1997年に初登場し、当初からトッズの顧客であるセレブリティたちの間で人気を博したのがD バッグです。上品でエレガントなデザインはロイヤルファミリーからの支持も高く、ダイアナ元妃やモナコのキャロライン王女も愛用したと言われています。

 特にダイアナ元妃とD バッグは切っても切れない関係。なぜなら「D」は、2人の王子の母でファッションアイコン、活動家など様々な顔を持ち、世界中の人に愛され続けるプリンセス・ダイアナから名付けられたから。

 「D スタイリング」の「D」の頭文字も、ダイアナ元妃がそうであったように「多くの人に時代を超えて愛されるバッグに」という願いが込められています。

1997年に初登場した初代「D バッグ」。ダイアナ元妃も公私に渡って愛用し、このバッグを持った姿が多くの写真に収められている。現行モデルと比べるとデザインの大幅な変更が見られるが、D バッグの特長でもあるセンターのシームと上質なレザーの質感を活かすデザインはこの時から変わらない。

 

② 「蝶」から着想、進化するフォルム  

左上から時計回りに2007年、2010年、2011年、2013年モデル

 D バッグはこれまで、ダイアナ元妃が愛用した1997年の初代モデルから2007年モデル、そして2010年~モデルと、時代に沿ってアップデートを繰り返してきました。そのさらに先の時代を見据え、誕生したのが「D スタイリング」です。

 バッグのフォルムと開口部のファスナーが現代的に進化。インスピレーション源となった「蝶」のように、センターシームから外側に広がる曲線的なラインが、エレガントさを残しつつもキュートで柔らかい印象を与えます。

 従来のモデルと比べ、メリハリのある立体的なフォルム。カラーも単色をはじめ、ハンドルがパイソン柄のデザイン、マルチカラーブロッキングなど、色彩豊かな蝶のようにバリエーションが豊富になりました。

 

③「D」を継承するファッションアイコンたち

 セレブからの支持が高いD バッグ。クリスティン・スコット・トーマス、ジュリアン・ムーア、アン・ハサウェイ、ヒラリー・スワンク、シャーリーズ・セロン、ヒラリー・クリントンなど、美と聡明さを兼ね備えた多くの女性たちがこのバッグを所有してきました。

 そして現代のプリンセス、キャサリン妃もその一人。ダイアナ元妃と同じく王妃としての佇まいを持ちながら民間出身という親しみやすさで、多くの女性の憧れの存在です。エレガントでシンプルな装いを好み、着用アイテムが完売するなどファッションセンスが高く評価されています。

 「D」のスピリットを現代に体現する、魅力的なアイコンたちのスタイリングにも注目です。



 コレクション情報やイベント情報、LINE友だち限定・先行公開のコンテンツなどをトッズ公式のLINEアカウントで配信中。

LINE公式アカウント

■問い合わせ先
トッズ・ジャパン:0120-102-578
公式サイト

最新の関連記事

Realtime

現在の人気記事

    次の記事を探す

    Ranking Top 10

    アクセスランキング