ADVERTISING

カラフルでぽってりがかわいい 生花にない花アートの魅力

カラフルでぽってりがかわいい 生花にない花アートの魅力

 おうち時間を彩るために「花や観葉植物を飾りたい」というニーズが高まったコロナ禍だが、コロナが収束し外出機会が増加した今、人々の関心は「手間いらずの花」にシフトしている。“枯れない花”といえばプリザーブドフラワーが連想されるが、ファッション感度の高い女性の間では一点物の「アートの花」を生活に取り入れる人が増えているという。

ADVERTISING

花アートの魅力は「手軽さ」「選ぶ楽しさ」そして「特別感」

 枯れない、手間いらずの「花アート」でコロナ禍に特に注目を集めたのはレゴ®だった。「レゴ®ボタニカルコレクション」では、ドライフラワーやフラワーブーケ、胡蝶蘭、多肉植物などバリエーション豊富に展開。大人向けに、マインドフルネスとストレス解消のために開発された同コレクションは、手間をかけずに生花のようにインテリアを彩ることができるだけではなく、「作る」という過程も楽しまれている。今回紹介する花アートも同様に、花を選ぶ感覚で色や形を吟味し、パーツを組み合わせて自分らしくコーディネートを楽しむという購入体験に加えて、一点物という特別感が支持される一因となっているようだ。

 ルミネエスト新宿店では若年層をメインターゲットに、若手作家を積極的に起用したポップアップを開催。花アートを制作する作家も取り上げており、担当者は「おうち需要の高まりの中でインテリアにこだわる顧客が増えている。コロナ禍が落ち着いた今も、生花を問わず“花”を飾るという楽しみ方は定着している」と話している。

花の形のアートピースを作る3人の作家

 1点ずつ手作りで花の形のインテリアを制作する作家3人を紹介する。

Yuri Iwamoto - うにうにと動き出すような花を提案

ガラス製の花

Image by Yuri Iwamoto

 富山を拠点にガラスの作品を制作しているYuri Iwamoto(以下、岩本)。同氏の作品は、意思を持った生き物のように、うにうにと動き出すようなシルエットが特徴だ。「ガラスの“意思”をなるべく留めるように形を作ることを意識し、素材自体が持っているエネルギーを発露させることを大切に制作をしている」(同氏)という。

 花をモチーフにした作品を制作するようになったきっかけは、自身の趣味でもある登山。夏は北アルプスの花が有名な山の山小屋で働いているという岩本は、高山帯の厳しい環境でも風雨に耐えて咲く花の生命力に、ガラスの素材としての力強さと共通する魅力を感じたという。昨年からは「リトルサニーバイト(little sunny bite)」とコラボレーションし、ワインを注ぐと花弁に色がついたように見えるチューリップ型のゴブレットを販売しているほか、花の生命力を意識したオブジェなどを制作している。

 作品の購入者は女性が多く、同氏の作品はカラーバリエーションが豊富な点も支持につながっていると分析。花を想起させる春によく売れるそうだ。特に人気の高いチューリップのゴブレットは、注ぐドリンク次第で花の部分の色を変化させられる点など、作品自体を気分によってアレンジできるような要素が人気の理由だと感じるという。

Image by Yuri Iwamoto

soil - アソートの販売で自由自在なコーデを可能に

花瓶に入った陶器製の花

Image by soil

 陶器で作られた花や花瓶を展開するsoil。花と葉、花瓶をそれぞれアソートで販売している。生花ではアレンジメントにコツやセンスが求められるが、同氏の作品はどんな組み合わせでも美しく彩ることができる。中には1時間ほど迷いながらも、組み合わせを楽しんで購入するユーザーもいるそうだ。

 soil自身も花のある暮らしに憧れたが、余裕のない暮らしの中で花を枯らしてしまった体験があるという。「陶器の花なら枯れない」と初めて作った作品は周囲からも好評。これが現在のブランド活動につながっている。造形を極力抽象化することで「ハンドメイド」ではなく「アート性」を高めた作品作りを心がけているという。

1 / 19
陶器製の花瓶と花
陶器製の花瓶と花
陶器製の花瓶と花
陶器製の花瓶と花
陶器製の花瓶と花
陶器製の花瓶と花
陶器製の花瓶と花
陶器製の花瓶と花
陶器製の花瓶と花
陶器製の花瓶と花
陶器製の花瓶と花
陶器製の花瓶と花
陶器製の花瓶と花
陶器製の花瓶と花
陶器製の花瓶と花
陶器製の花瓶と花
陶器製の花瓶と花
陶器製の花瓶と花
陶器製の花瓶と花

Image by soil

ポップアップに来場する人

ルミネエストで行われた初の単独ポップアップはSNSでも話題になり客足も上々。期間中に完売するパーツもあった。

Image by soil

kosokoso - 「じょうぶなしょくぶつ」は海外からも人気

花瓶に入った花のモチーフ

Image by kosokoso

 石膏粘土、樹脂、ビーズなど複数の素材を組み合わせて「じょうぶなしょくぶつ」というシリーズを幅広いバリエーションで展開するkosokoso。ブローチ、ピアス、イヤリング、リングなどさまざまに制作しているが、特に植物と花瓶がセットになった観賞用のプロダクトの人気が高い。購入者の年齢は10〜50代と幅広く、「他のかたちや色違いなどを集めたい」というリピーターも多い。年々ユーザーも増え、SNSへは海外からのアクセスも多いという。

 リアルな造花ではなく、世話をしなくても常に元気で生き生きとしたカラフルなプロダクト作りを目指し、石粉を主原料とした石塑粘土を使用するなど、丈夫で壊れにくい構造になるように工夫がされている。小ぶりなアイテムは組み合わせることで花束のような表情も見せる。

樹脂や陶器製の花
樹脂や陶器製の花
樹脂や陶器製の花
樹脂や陶器製の花
樹脂や陶器製の花
樹脂や陶器製の花
樹脂や陶器製の花
樹脂や陶器製の花
樹脂や陶器製の花

Image by kosokoso

「痒い所に手が届く」インテリアアートはもっと身近なものに

 紹介した3組の作家に共通するのは、実物以上にヴィヴィッドなカラーリングと抽象化された造形で、花という親しみのあるモチーフをアートピースに落とし込んでいる点。購入者からは「家にアートピースを飾りたいけれど、選ぶ基準が難しくハードルを感じていた。花のモチーフのアイテムは花を選ぶ感覚で自分の審美眼を信じて素直に選べて嬉しい」といった声も聞かれた。

 soilの島谷によると「生花を持ち込めない病院への手土産に購入されるお客様もいる」という。また、kosokosoの加藤は「本物の植物ではないので、犬や猫が誤って食べてしまう心配がないことから、ペットと暮らしているお客様にも好評」だといい、意外なニーズも満たしているようだ。

 いち早くsoilの単独ポップアップを企画し、今年2月に開催したルミネエスト新宿店の担当者によると、外出ニーズが高まってもインテリアは引き続き幅広い世代に需要の高いカテゴリーと捉えており、花アートのほかにはタフティングラグのワークショップや、ワインを片手に絵画を描けるアートショップバーなど、商品の販売だけではなく+αの体験ができるショップに注目しているという。花に限らず「自分で選ぶ、作る、アレンジする、そして飾る」というインテリアアートの需要は今後さらに広がっていきそうだ。

■Yuri Iwamoto:Instagram
■soil:Instagram
■kosokoso:Instagram
■ルミネエスト新宿店:公式サイト

ADVERTISING

GINZA(ギンザ) 2023年 3月号 [クリエイターが住むお部屋] [雑誌]

GINZA(ギンザ) 2023年 3月号 [クリエイターが住むお部屋] [雑誌]

編集: ギンザ編集部
メーカー: マガジンハウス
発売日: 2023/02/14
価格: ¥630(2023/04/07現在)

JOB OPPOTUNITIES

最新の求人情報(求人一覧

求人

【都内勤務】ブランドマネージャー

Les Trois Graces

【都内勤務】ブランドマネージャー

年収

500万 〜

詳細を見る

ジャーナル

【4/20~5/5開催】アークテリクス初のブランド・エクスペリエンスイベント「ARC’TERY...

【4/20~5/5開催】アークテリクス初のブランド・エクスペリエンスイベント「ARC’TERY...

記事を読む

求人

【都内勤務】ブランドマネージャー候補(育成枠)

Les Trois Graces

【都内勤務】ブランドマネージャー候補(育成枠)

月給

20万 〜

詳細を見る

ジャーナル

借金生活から、現在は国内外に10店舗!人気コーヒー専門店「REC COFFEE」の成功の軌跡

借金生活から、現在は国内外に10店舗!人気コーヒー専門店「REC COFFEE」の成功の軌跡

記事を読む

ジャーナル

LOEWE(ロエベ)求人に応募する前に確認!特徴や名作バッグシリーズなどを紹介

LOEWE(ロエベ)求人に応募する前に確認!特徴や名作バッグシリーズなどを紹介

記事を読む

ジャーナル

元Jリーガーが立ち上げたアパレルブランド「FIDES」。コラボのこだわりと目指す未来とは

元Jリーガーが立ち上げたアパレルブランド「FIDES」。コラボのこだわりと目指す未来とは

記事を読む

コラボパートナーの募集情報
コラボ募集一覧

コラボ

俳優上野樹里が手掛ける人にも地球にもやさしいものづくりプロジェクトブランド「T...

TuiKauri 俳優上野樹里が手掛ける人にも地球にもやさしいものづくりプロジェクトブランド「T...

詳細を見る

コラボ

多方面で活躍中のデザイナー安藤大春とのコラボレーション

Ohal 多方面で活躍中のデザイナー安藤大春とのコラボレーション

詳細を見る

コラボ

【いろはグランホテル松本駅前】コラボパートナーになってホテル...

IROHA GRAND HOTEL 【いろはグランホテル松本駅前】コラボパートナーになってホテル...

詳細を見る

コラボ

瀬戸焼ブランド「m.m.d.」と一緒に、付加価値のあるものづくりをしたい企業様、ク...

m.m.d. 瀬戸焼ブランド「m.m.d.」と一緒に、付加価値のあるものづくりをしたい企業様、ク...

詳細を見る

Powered by

FIND THE NEXT

次の記事を探す

現在の人気記事

NEWS LETTERニュースレター

人気のお買いモノ記事

公式SNSアカウント