Fashion ふくびと

連載「ふくびと」アタッシェ・ドゥ・プレスの先駆者 ワグ社長 伊藤美恵<前編>

ワグ代表取締役兼エファップ・ジャポン学長 伊藤美恵
ワグ代表取締役兼エファップ・ジャポン学長 伊藤美恵
Image by: Fashionsnap.com

 今回のスペシャルインタビュー「ふくびと」は、日本における「アタッシェ・ドゥ・プレス(広報・PR)」のパイオニア、ワグ代表取締役兼エファップ・ジャポン学長の伊藤美恵氏。 国内外のブランドや企業を成功に導く影の立役者だ。彼女の「アタッシェ・ドゥ・プレス」としての仕事内容はPR・広報の枠を超え、広告・宣伝やマーケティング、ブランディングからコンサルティングまで驚くほど多岐に渡る。ファストファッション「FOREVER 21(フォーエバー21)」から英国ブランド「Vivienne Westwood(ヴィヴィアン・ウエストウッド)」、通販大手「ニッセン」のリブランディングまで、これまで手がけてきた活動による実績は多数。

 インタビュー<前編>では、そんな伊藤氏に自らのルーツからライフストーリーを語っていただき、<後編>では「アタッシェ・ドゥ・プレス」の神髄とヴィジョンに迫っていった。

 

 伊藤美恵氏は1944年東京生まれ。山脇美術専門学院を卒業後、洋服好きが高じてデザイナー花井幸子氏のブティックに勤務。独立しデザイナーの道へと進み、ショップの経営からファッションプロデューサーとあらゆる仕事を経験。そんな中、後に天職となる仕事「アタッシェ・ドゥ・プレス」と出会い、情熱を傾けていく――。


伊藤美恵のルーツ

 私は小さい頃から綺麗なものが好きで、いつもきちんとして心地いい場所にいたいという性格でした。母から受けた影響は大きく、長女の私を入れた5人の子どもたちが、何人もの友達を家に呼んできても喜んで迎え入れてくれ、何十人分のご飯を作ろうが、いつもオシャレで綺麗にしている人でした。誰でも温かく迎え入れ、気まずい思いをさせないように心地いい場所を作り上げてしまう。母親というよりも女性として憧れていました。今思い返すと、私のコミュニケーションのルーツは母ですね。

 そんな環境で育ったせいか、今でも初めての場所で居づらそうな人がいたら、どんどん声を掛けて人に紹介をして巻き込むといった性格です。 相手に気を遣わせないというコミュニケーション力は、半分は意識して訓練もしていますが、後半分は習慣として自然と身についているんだと思います。


洋服好きからデザイナーへ

 子供の時から洋服は全て仕立て屋さんでオーダーメードという恵まれた環境でした。ブリジット・バルドーやフェイ・ダナウェイ、ジャクリーヌ・ササールの映画のワンシーンなどから、頭に焼き付いたものをイメージして自分でデザインし、オーダーすることが日常で、おかげですっかり洋服好きになっていました。

 美術学院を卒業して初めての勤め先は「Yukiko Hanai(ユキコハナイ)」のブティック。花井先生に影響されたのは女としての生き方や仕事に対する取り組み方です。イラストレーターとしてスタートし、デザイナーになられた方なので、「洋裁学校を出ていなくても自分自身でデザイナーの道を切り開いた」というプロ魂がありました。現在も現役でいらっしゃいますが「いい人がいいものを作る」という、まさにそういう方。クリエーターであり経営者でもある花井先生の下に勤めた4年間では、仕事の基礎とファッションビジネスの要諦を学ぶことが出来ました。

 その後、独立して兄弟たちと一緒に立ち上げたのが、ブティック「BUZZ SHOP(バズ ショップ)」です。私自身がデザイナー兼経営者としてブレイクから倒産までを経験することになるのですが、デザイナーとしてモノ作りの限界を感じて、表舞台よりも裏舞台(後のアタッシェ・ドゥ・プレスの仕事)のあり方に考えがシフトしていきました。



最新の関連記事

おすすめ記事

見逃し記事

Realtime

現在の人気記事

    Ranking Top 10

    アクセスランキング