Fashion 連載

連載「ふくびと」ゴヤール&ザ・コンテンポラリー・フィックス 吉井雄一

目指すショップの姿

 お客様がパリヤのデリのショーケースを見て悩んでいる姿を見ているだけで幸せな気持ちになるくらい、喜んでいる顔は原動力になりますね。私たちのような小さい会社は、直接お客様を喜ばせる事、それ以外に生きる道はないんですよね。お客様に「ありがとうございました」と言った時に、自然にお客様からも「ありがとう」と返してくれることが商いとしての理想。最近そういうことを言われることが多く「何かをお客さんとシェア出来てるな」という実感があります。

 うちの店には、お茶一杯飲みにくる感覚で気軽に来てくれたらという思いがあります。自分の感覚や基準は一般的。「ランチで1500円はないっつーの」という感覚とか(笑)そういう目線は大事だと思っています。常にお客様の感覚とイコールでいないといけない。でも「ゴヤールに関しては頑張っちゃうかな」とか、そういう夢も伝えたい。この感覚は環境が変わっても10年後もきっと変わりません。気持ちのいいスタッフ、友達、お客様、いい「人」がいい「空気」をつくる。そんな店でありたいと思っています。


fukubito_yoshii_07.jpg■吉井雄一(Yuichi Yoshii)■
1996年ジェラートショップ「PARIYA」オープン
1997年ビンテージショップ「IN THE POLICY OF TRUTH」OPEN
2000年「CELUX」設立時バイヤー就任
2004年LOVELESS ヘッドコーチ就任
2008年GOYARD ジャパンブランディングディレクター就任
2008年THE CONTEMPORARY FIXオーナー 
2009年THE CONTEMPORARY FIXエレクトリックストアOPEN
    (www.thecontemporaryfix.com
2010年 THE CONTEMPORARY FIXリニューアル(カフェ&デリ形態のPARIYAを導入)



〜インタビュアー・インプレッション〜

 このインタビューは、吉井氏がオーナーを務める「THE CONTEMPORARY FIX」1Fにオープンしたばかりの「パリヤ」で行われた。和やかな雰囲気の店内を見渡すと、ジェラートをほおばる幸せそうな客の姿。「セレクトショップは本当に必要なのか?」という疑問を自らに投げかけつつ開いたこの店は、「ゴヤール」ファミリーの心を動かした時のように、今訪れる人々の心を動かし豊かにしていると感じた。
 吉井氏は東京・青山のこの地で、ファッション本来のワクワク感やドキドキ感をまだ知らない人のために、また人々のライフスタイルを心豊かにするために、今後も新たな仕掛けでフレッシュな風を吹かせていくことだろう。

連載「ふくびと」一覧
設楽洋(ビームス代表取締役社長)
本間正章(マスターマインド・ジャパン デザイナー)
吉井雄一(ザ・コンテンポラリー・フィックス オーナー/ゴヤール ジャパンブランディングディレクター)
【前編】山室一幸(WWD JAPAN編集長)
【後編】山室一幸(WWD JAPAN編集長)
勝井北斗・八木奈央(ミントデザインズ デザイナー)
【前編】伊藤美恵(ワグ代表取締役兼エファップ・ジャポン学長)
【後編】伊藤美恵(ワグ代表取締役兼エファップ・ジャポン学長)
重松理(ユナイテッドアローズ代表取締役社長)
阿部千登勢(サカイ デザイナー)
ドン小西(コメンテーター)
増田セバスチャン(ロクパーセントドキドキ代表兼ディレクター)
藤巻幸夫(バイヤー)

最新の関連記事

Realtime

現在の人気記事

    次の記事を探す

    Ranking Top 10

    アクセスランキング