Fashion 大解剖

【大解剖】女の子をキラキラさせる?竹下通りの"パワースポット"「原宿アルタ」

原宿ALTA
原宿ALTA
Image by: Fashionsnap.com

 原宿・竹下通りに、雑貨アイテムを中心に集積した新商業施設「原宿アルタ(ALTA)」が3月7日(土)に開業します。2013年には「キュートキューブ ハラジュク(CUTE CUBE HARAJUKU)」がオープンするなど原宿カルチャーが見直されてきている中で、今回打ち出したコンセプトは「キラキラの素をてんこ盛りにした竹下通りのパワースポット」。ヤング層の中でもオシャレ感度の高いピュアヤングをターゲットに「原宿みやげ」や「あこがれ」などフロアによってコンセプトを設置。原宿の新名物スポット最候補の全フロアを一足先に大解剖します。

 【参考記事】竹下通りの新商業施設「原宿アルタ」全19ショップが出店する館内公開

原宿ALTAは、JR原宿駅の竹下通り口から約150mのところに位置しています。竹下通りは休日はもちろん平日も夕方頃はとくに混雑するため、普段のペースで向かうと駅から3分〜5分ほどかかります。

alta01.jpg

しばらく歩くと、右手にお馴染みのレインボーカラー「ALTA」の文字が登場。当日は、プレス関係者で賑わっていました。では早速、「原宿アルタ」を地下1階から見ていきましょう。

alta02.jpg

B1F:原宿みやげ(カルチャー&サービスフロア)

「原宿みやげ」をフロアコンセプトにしたB1階は、雑貨ショップやプリントシール専門店、似顔絵サービスなど「カワイイ」カルチャーを感じさせるフロア。

alta03.jpg

【ご当地ピンズ】

ハローキティやふなっしー、くまもんなど人気のキャラクターグッズやお土産用のお菓子が揃っています。

alta04.jpg

店員さんイチオシ商品は、原宿限定の白い箱に包まれたクッキーサンド「原宿の恋人」と、"原宿"の文字やキャラクターがデザインされたクッキー「PRINT COOKIE」だそうです。

alta05.jpg

さらに原宿限定コンテンツとして用意されているのが、原宿スイーツのピンズが出てくるガチャガチャ。「パンケーキ」と「クレープ」、「キャンディ」の全3種からランダムで出てくる仕組みで、1回200円のプチプライスで楽しむことができます。

alta06.jpg

【だがしや 夢や】

懐かしの駄菓子やおもちゃの専門店「だがし 夢や」。昭和生まれには「あの頃によく食べていた!」と懐かしさに浸りたくなりますが、平成生まれが多い原宿キッズには新鮮に映るんでしょうね。

alta07.jpg

【ハイカラ横丁】

昭和時代から最新まで各時代に人気を博したキャラクターやアイドルのグッズや東京みやげ、瓶ドリンクなどがラインナップ。クリーミーマミやうる星やつらなど、昭和時代を代表したアニメキャラクターグッズが店頭にたくさん並んでいて、平成生まれのヤングに向けて、"あの頃の東京"を発信しています。

alta08.jpg

「ハイカラ横丁」の新作オリジナルアイテムとして、缶バッチやTシャツ、トートバッグを展開。一昔前を感じさせるこだわりのフォントで大胆にも"原宿"や"東京"の文字がデザインされていて、漢字ブームが起こっている外国人からも注目を集めるかもしれませんね。

alta09.jpgalta10.jpgalta11.jpg

【凛】

ボディピアスやアクセサリー、カラーコンタクトなどオシャレ感度の高い原宿女子たちに注目のラインナップです。

alta12.jpg

【brooming(ブルーミング)】

アミューズメント施設タイトープロデュースするプリントシール専門店。「Sugar femme」や「USAGI」などの最新機種も設置されています。

alta13.jpg

プリント倶楽部エリアの横に設置されている3Dフィギュアコーナー。特殊3Dプリンターで自分の顔をスキャンして好きな着せ替えをチョイスし、唯一無二のフィギュアを作ることができます。価格は一体3,000円〜。

alta14.jpg

alta15.jpg

原宿の思い出作りにぴったりですね。

【パニカムトーキョー】

人気のキャラクターのグラフィックデザインを施したアパレルブランド「パニカムトーキョー」。Tシャツやパーカー、キャップなどが豊富に揃っています。

alta16.jpg

【カリカチュア・ジャパン】

全国に約20店舗を展開している爆笑似顔絵専門店「カリカチュアジャパン」。原宿限定で1人用ポストカードサイズ「プチカリ」をお手頃な価格帯で提供しています。

alta17.jpgalta18.jpg

 次のページは>>「あこがれ」がコンセプトの1階へ

最新の関連記事

おすすめ記事

Realtime

現在の人気記事

    次の記事を探す

    Ranking Top 10

    アクセスランキング