Fashion大解剖

【徹底ガイド】グッチの世界観に浸れる展覧会「グッチ ガーデンアーキタイプ」をさらに楽しむために知っておきたいこと

展覧会「グッチ ガーデンアーキタイプ」エントランス Image by FASHIONSNAP
展覧会「グッチ ガーデンアーキタイプ」エントランス
Image by: FASHIONSNAP

 「グッチ(GUCCI)」のブランド創設100周年を記念した展覧会「グッチ ガーデンアーキタイプ(Gucci Garden Archetypes)」が天王洲のB&C HALL・E HALLでスタートしました。今年5月のフィレンツェを皮切りに、香港、上海と巡回し、東京は4都市目。エキシビションは、クリエイティブ ディレクター アレッサンドロ・ミケーレ(Alessandro Michele)が過去6年にわたりグッチで手掛けてきたクリエイションを「広告キャンペーン」という切り口でキュレートし、その世界観を体験できる内容となっています。

— ADの後に記事が続きます —

「この6年間の冒険に人々を誘い、空想の世界や物語、驚きやまばゆいきらめきをめぐる旅をともにするのは、面白いことだと考えました。そこで、広告キャンペーンの世界に入り込んだような臨場感にあふれる遊びの空間を創ることにしました。なぜなら広告キャンペーンは、私のイメージをもっとも明快に体現しているからです」(アレッサンドロ・ミケーレ)

 シーズンコレクションを象徴するテーマやルックなどが一目でわかる広告キャンペーンは、グッチがブランドの「アーキタイプ(さまざまなイメージの源となる存在=原形)」と位置付ける必要不可欠なコミュニケーション手段の一つ。そこで今回、13の部屋からなる没入型エキシビション「グッチ ガーデンアーキタイプ」の見所をピックアップし、当時公開されたキャンペーンムービーを振り返りながらレポートします。

Control Room

 エントランスでゲストを迎えるのは、約30モニターが壁一面に配置されたコントロールルームです。画面に映し出されている映像はこれまでアレッサンドロ・ミケーレが手掛けてきたキャンペーンムービー。この後に続く部屋の序章として胸が高鳴ります。

Gucci Collectors(2018FW)

 足を踏み入れた瞬間に思わず息を呑む鏡張りの部屋。コレクターズアイテムの数々が陳列され、まるで無限に広がっているような感覚に陥ります。蝶の標本からぬいぐるみ、動いている鳩時計まで、嗜好の強い収集品が並びます。部屋の中心にズラリと陳列されているのは、様々なサイズや素材、カラーやモチーフの「GGマーモント」。コレクターの熱狂的な情熱や偏愛がぎっしりと詰め込まれた空間は、どこか人間のエキセントリックさを感じさせるほど。

Of Course A Horse(2020SS)

  シュールな機械仕掛けのオブジェにかかっているのは、2020年春夏コレクションでフェテッシュな印象を放ったシューズやランジェリードレス、鞭といったアイテム。不気味な"髪"の正体は、ギリシャ人監督ヨルゴス・ランティモスが手がけたショートフィルムをチェックすれば解るはずです。

Urban Romanticism(2015FW)

 つり革や座席の細部までLAの地下鉄を再現した部屋は、ミケーレのデビューコレクションとなった2015年秋冬の広告キャンペーンがレファレンスに。グッチではお馴染み、写真家グレン・ルックフォード(Glen Luchford)が初めて撮影を手掛けたシーズンでもあります。「欲望が解放され、白昼夢が生み出される場所」という抽象的な表現が用いられた車両に乗り合わせた1人の乗客。肌のしみから血管、風になびく髪に至るまで近くで見れば見るほどリアルすぎるマネキンは、キャンペーンで描かれた旅の物語の一瞬を取り出して具現化したものといいます。

Tokyo Lights(2016FW)

 13ある部屋のうち最も煌びやかで印象的な"デコトラ"の部屋。2016年秋冬の広告キャンペーンの舞台となったのは東京でした。喧騒の中、眩いネオンライトに照らされた夜の街も、グッチのフィルターを介してみると幻想的で夢の中にいるよう。デコトラに代表される過度な装飾は偏執的なカスタマイズを愛する日本のチューニング文化に根差しているのだとか。チカチカと点滅するライトの視覚効果で、まるでキャンペーンで描かれたハイパーテクノロジーの世界へと引き込まれていくかのような感覚は、まさしく"没入"スポットです。

Gucci And Beyond (2017FW)

 博物館風の展示ショーケースに収められていたのは、1960〜70年代にかけて人々を夢中にさせたSFの要素が詰め込まれたセット。恐竜やSF映画のキャラクターたちが並んでいます。エイリアンやUFO、銀河系からやってきた神秘的な生命体...魔化不思議な2017年秋冬コレクションの"スタートレック風"キャンペーンムービーは公開当時も話題になりました。

Gucci Hallucination(2018SS)

 実際のモデルではなく絵の中のモデルにコレクションを着せるという斬新な方法で見るものに驚きを与えた2018年春夏の広告キャンペーン。ミレーの名画「オフィーリア」を彷彿とさせるシュールレアリスティックな絵画ポスターを駅や街中で目にした人も多いのでは?スペイン人アーティスト イグナシ・モンレアル(Ignasi Monreal)は当時、1日14時間×数カ月、計866時間にも及ぶ制作期間を経てコレクションの世界観を描きあげたといいます。部屋の隅々まで目を凝らして鑑賞したいアートな空間。ちなみにキャンペーンムービーではモンレアル本人がグッチギャラリーのキュレーターに扮して登場しています。

Rebellious Romantics (2016SS)

 様々なドラマが繰り広げられる化粧室はベルリンのクラブカルチャーを象徴する空間。展示されているワンシーンは、誰もいないショッピングセンターをドレスアップした若者たちが颯爽と走り抜けていく、という青春感溢れる2016年春夏のキャンペーンムービーの前後に繋がるような一場面です。

Come As You Are_RSVP(2020Cruise) 

 食器の間にパーティーの残骸らしきものがランダムに散らばったバックヤード。今や世界中の誰もがみなが忘れかけているパーティーマインドを呼び起こしてくれるような2020年クルーズコレクションのキャンペーンムービーは、イギー・ポップ、シエナ・ミラー、グッチ・メインなど豪華な出演者も話題に。記憶に新しいレインボーカラーの「GGサイケデリック」ミッキーマウスのカプセルコレクションなどアイキャッチーなアイテムもこのコレクションで登場しました。

 迷路のように配置された13の部屋。会場内どの部屋を切り取ってもグッチの世界観が表現され、アレッサンドロ・ミケーレのクリエイティブビションにどっぷり浸ることができます。紹介した以外にも、全ての部屋の広告キャンペーンにストーリーがあり、実際のヴィジュアルやムービーと照らし合わせて見ることで、よりクリエイティブへの理解が深まりそう。会場ではモバイルと連動した音声ガイドを聞きながら各部屋を回ることもできるほか、出口手前のエリアには来場客しかアクセスすることができないサプライズなスペースも。ブランド100周年のアニバーサリーイヤーを飾る「グッチ ガーデンアーキタイプ」は完全事前予約制で10月31日まで。

GUCCI GARDEN ARCHETYPES
会場:B&C HALL・E HALL 
住所:東京都品川区東品川2-1-3
会期:2021年9月23日(木)~ 10月31日(日)
時間:11:00~20:00
※金・土・祝前日は21:00まで
※最終入場は閉館時間の30分前まで
※入場無料、グッチ公式LINEアカウントでの事前予約制

最新の関連記事

次の記事を探す

Ranking Top 10

アクセスランキング