Image by: Image by Filippo Fior

Fashion 注目コレクション

「エルメス」のエレガンスで急進的なメンズウェア 20AWパリ

Image by: Image by Filippo Fior

 トレンドがグッとエレガンス寄りに振れた2020-21年秋冬のパリ・メンズコレクション。となると、俄然と輝いて見えたのが「エルメス(HERMÈS)」である。

(文:ファッションジャーナリスト 増田海治郎)

— ADの後に記事が続きます —

 昨年から続くパリのデモは、もはや日常に溶け込んでいる。ファッションウィーク中の悩みの種だったメトロのストを含め、この国の人たちは権利を主張し、国家に歯向かうことを躊躇わない。デモが非日常の国から来た私からすれば、いささか急進的すぎるのではと思ったりもするけれど、それがフランスという国なのだろう。昔も今も。

 パリコレ公式の(見た目は可愛いのに乗り心地は最悪な)電動シャトルバスが、私たちを前後に揺らしながらエルメスのショー会場近くに到着した。時刻は20時15分。定刻から15分過ぎている。ダッシュで会場に向かうと「入り口はあっちだよ」と逆側に向かう集団が現れた。それに従って逆走する。でもそれらしき門は見当たらない。すると対面から早足で歩いてきた坊主頭のパンクな女性が、すれ違いざまに日本語で「あっちですよ!」と、逆方向を指差す。こんがらがる頭を整理しながら、やけくそで美しすぎる蒼い目に従うことにした。

 「入り口が見えてきた!」と思ったら、何やら様子が変だ。数十人のデモ隊が口々に叫んでいて、それを警察が包囲している。わずか数分間のドタバタの連続が喜劇みたいで、もはや笑いがこみ上げてきた。なんとかデモの合間をすり抜けて、席に腰をおろした。ふう。一息つくと同時に、ショーが幕を開けた。

 最初に感じたのは、いつもよりエッジが効いているということ。エレガントでヌケ感があるのは不変だけれど、主張の強いアイテムが多い。マーブル模様のシャツは変形の立ち襟で、遠目ではストライプの織地に見えるスーツは中綿を薄く挟んでキルティングしたもの。コートの右前身頃には、大きめのレザーが重ねられていて、ボタンを閉めてもレザーが見えるようになっている。モザイク画のようにレザーが縫い付けられたタートルネックセーターは、珍しくオーバーサイズだ。

 そんなデザイン性の強さを象徴するのが、左前身頃が二重になったテーラードスーツとコート。エルメスにしては冒険的なアプローチだと思うが、素材と仕立てが最上級なだけに違和感なく馴染んでいる。素肌にジャケット(つまりVゾーンは裸)というツヤ感必至のスタイリングで品良く見えるのは、流石というほかない。

 足首より少し上の箇所をボタンで絞ったミリタリー風のワイドパンツは、今シーズンのボトムスを象徴するデザイン。レザーやウール、コットンなど様々な素材で提案されている。ミリタリーの要素は他にもあって、立ち襟と丸襟を重ねたようなフライトジャケットは、酸素マスクのホースを固定するクリップを付けるオキシジェンタブが、びよーんと長く伸びている。前立てと袖口のレザー使いを含め、こんなに雅やかなミリタリーは滅多にお目にかかれるものではない。

 もうひとつ新しさを感じたのが、ステッチによるデザインワーク。ベージュのオーバーサイズのシャツは、太いステッチと細いステッチを使い分けることで花のモチーフを表現。オータクロアにはカラフルな飾り刺繍がウエスタン風に踊っている。ウエスタンブーツに合わせたくなるような、ワイルドなオータクロアだ。

Image by Filippo Fior

 ショーが終わって外に出ると、デモ隊は退散していた。地下鉄7号線のレ・ゴブラン駅まで歩いて、メトロの中でプレスリリースを開いた。最初のページの一番上には"Radical."と書かれている。トラッドとモード、上品とワイルドが混じり合ったコレクションは、確かにいつもよりエッジとスパイスが効いていて、エルメスにしては急進的だった。「んっ?ひょっとして入り口のデモも演出?」という私の推測は、完全なる思い違いだったようだ(補足を参照)。

補足:今回のショー会場となったモビリエ・ナショナルは、ゴブラン織りのギャラリーを併設する国有の家具の製作、管理をしている機関。VOGUE RUNWAYのルーク・リーチ氏の記事によると、会場外で出くわしたのは家具メーカーの労働組合によるサヴォアフェール(職人の匠の技)を守るためのデモで、抗議対象はモビリエ・ナショナルだったそう。でも、最もサヴォアフェールを大切にしているメゾンのショーの前でサヴォアフェールの保護を主張するなんて、なんだか偶然にしても筋違いですよね......。

増田海治郎
雑誌編集者、繊維業界紙の記者を経て、フリーランスのファッションジャーナリスト/クリエイティブディレクターとして独立。自他ともに認める"デフィレ中毒"で、年間のファッションショーの取材本数は約250本。初の書籍「渋カジが、わたしを作った。」(講談社)が好評発売中。

最新の関連記事

Realtime

現在の人気記事

    次の記事を探す

    Ranking Top 10

    アクセスランキング