HYKE 2019年秋冬コレクションのフィナーレ
Video by: FASHIONSNAP.COM

Fashion 注目コレクション

ハイクがザ・ノース・フェイスとの最後のコラボ発表、メンズモデルをショーに初起用

HYKE 2019年秋冬コレクションのショー
Image by: FASHIONSNAP.COM

 デザイナー吉原秀明と大出由紀子が手掛ける「ハイク(HYKE)」が、東京のファッションウィーク3日目の3月20日に、ランウェイショー形式で2019年秋冬コレクションを発表した。ショーでは、毎シーズン注目を集める「ザ・ノース・フェイス(THE NORTH FACE)」との最後のコラボレーションアイテムの一部が披露された。会場は先シーズンと同じWarehouse TERRADA。

 「Heritage & Evolution」をブランドコンセプトに掲げるハイクはシーズン毎のテーマを設けず、服飾史や古着に独自の感性を落とし込み再構築してデザインしている。今シーズンはUS NAVY(米海軍)やUS ARMY(米陸軍)、ITALIAN ARMY(伊陸軍)、アメリカンウエスタンスタイルなどをインスピレーションソースに制作したという。

 ショーでは、多くのルックに「ジュリアス・タート・オプティカル(JULIUS TART OPTICAL)」とのコラボレーションによるアイウェアをスタイリング。オーセンティックなウェアに異素材やアシンメトリーのデザインでひねりを加えたり、レイヤードで縦長のフォルムを作る得意の手法で、冬の装いにユニークな変化を加えた。MA-1にボア素材を組み合わせたり、ファーアイテムなども登場。スカートやパンツにあしらわれたフリンジが揺れ動くことで、ボリュームのあるスタイルに軽やかな印象を与えている。ホワイトやネイビー、アースカラーをベースに、ショーの中盤では鮮やかなグリーンが目を引いた。

 ラストシーズンを予定しているザ・ノース・フェイスとの協業では、ハイクのショーでは初となる男性モデルが登場。ロングコートやネックゲイター、トップス、パンツなど、先シーズンに引き続きウィメンズとメンズを展開する。カラーはブラックと新色のオリーブの2色を揃える予定。

 今シーズンも継続の「チャコリ(CHACOLI)」とのコラボレーションでは、レザーやウール素材のトートバッグやアイウェアホルダーが登場。「ビューティフルシューズ(BEAUTIFUL SHOES)」が製作するシューズは、パンプスのラインナップにアンクルブーツが加わっている。

・HYKE:2019年秋冬コレクション全ルック
・ファッションウィークの最新情報:特設サイト

最新の関連記事

Realtime

現在の人気記事

    次の記事を探す

    Ranking Top 10

    アクセスランキング