Fashion インタビュー・対談

【インタビュー】アンダーカバー高橋盾 パリと東京で挑み続ける異端児

UNDERCOVERデザイナー 高橋盾
UNDERCOVERデザイナー 高橋盾
Image by: Fashionsnap.com

 モードの本場パリで「異端児」と呼ばれるデザイナー高橋盾氏。1990年代の裏原ブームを先導した「UNDERCOVER(アンダーカバー)」は、東京で10年、パリで10年のコレクション発表を重ね、独自の地位を築いてきた。震災後の2年間はパリコレを休止していたが、2013年2月の最新コレクションで復帰し、さらに今年は2つの新ラインをスタートする予定だ。ユニクロやナイキとの協業を経てさらに服づくりの幅を広げる高橋氏に、パリコレに復帰した理由とより強いクリエイションを追求したという2013-14年秋冬コレクションのアプローチ、そして今の東京や若手デザイナーに対する考えを聞いた。

 

「UNDERCOVER」の進化

―「UNDERCOVER」のスタートは手刷りのTシャツだったそうですね。

 文化服装学院の在学中に始めたんですが、実はいつが最初だったのか僕もはっきりと分からないんです。1989年頃なので、もう23〜24年は経つんじゃないでしょうか。

―1994-95年秋冬に東京コレクションにデビューしてから約10年でパリへ。2003年春夏にパリコレクションに初参加してから10年が経ちます。

 東京コレクションに参加して徐々にブランドが波に乗ってくるに連れて、海外からもより多くの人に見てもらい、評価を聞きたいと感じ始めました。特にパリが目標ではなかったし憧れだったわけじゃないんですが、モードの本場で自分のブランドを見てもらう時期だと感じて、パリコレに挑戦しました。

―コレクションを発表する上で、東京とパリの違いは?

 パリで感じたのは、購買層が日本より上で、より高いクリエイションが求められるということでした。例えばデザイン性が高く強い印象を与えるものは国内では受け入れられにくく、逆にパリでは評価されたり。海外でどのように見せて買ってもらうかと考えるうちに、自分たちに足りなかった部分に気付きました。東京とパリの両方を経験していなかったら、今こうして続けていられたかどうかわかりませんね。

2年間のショー休止

JONIO-INTERVIEW-2013-03-20130327_016s.jpg―2012年春夏、2012-13年秋冬コレクションの2シーズン、パリでの発表を休止した理由は?

 ここ数年、コレクションの発表形式はシーズンごとの状況やテンションで決めてきました。約10年続けてきたパリの発表を休止したのは震災後のシーズンからです。自分に何ができるかを考えて、また新しいことを試そうという時期でした。初めてオンラインショーをやったり、サイトを立ち上げたり......。でも次第に日本人として本場で活躍することや、勇気を与えることができたらと思うようになって、またパリに戻る時期だと感じるようになりました。

―そして今シーズン、2年ぶりにパリでランウェイショーを開催した経緯は?

 パリで活動を再開したのは先シーズンの2013年春夏コレクションからで、その時に発表した「ワンオフ・ピース(=1点物のコレクション)」のドレスは、自分らしいものを作れたという満足感がありました。次に考えたのは「もっと見せたい」ということ。それにはランウェイショーが最も適しているので、、またパリでショーをやろうと決めました。しばらくはまたこの方向でいきたいと考えています。

―一度離れたパリコレクションで同じようにショーを開くのは難しいのでは。

 実際にショーをやっていないと展示会に来てくれるバイヤーやジャーナリストの数が減るので、発信力という点で、ショーが強いのはわかっていました。でもパリでショーを再開するにはスケジュールの問題とか、簡単ではなかったですね。ショーをやっても人が来るのかどうか、また来たとしてもどんな反応をするだろうかという不安もありました。

―再び東京でショーを開催するという選択肢はありますか?

 東京のお客さんに見せたいという思いはあります。でも、現実的にパリと東京の両方でやることは予算面で難しさがありますし、東京のみの発表になるとブランドの方向性がずれてしまうので、今は難しいですね。


 次のページは >> 最新コレクションと高橋氏の服作りのプロセス

最新の関連記事

Realtime

現在の人気記事

    Ranking Top 10

    アクセスランキング