ADVERTISING

「ロエベ」がハイパーコンセプチュアルに解体する“富と階級” 2024年秋冬ウィメンズコレクション

IMAGE by: LOEWE

IMAGE by: LOEWE

「ロエベ」がハイパーコンセプチュアルに解体する“富と階級” 2024年秋冬ウィメンズコレクション

IMAGE by: LOEWE

 「現代において、“由緒”や、まして階級について語ることに意味があるだろうか?」。パリで発表された「ロエベ(LOEWE)」2024 年秋冬ウィメンズコレクションで、そうコメントを残したクリエイティブ・ディレクターのジョナサン・アンダーソン(Jonathan Anderson)。今日のラグジュアリーブランドが、階級意識(資本と羨望)の上に成り立ち、表現に由緒正しさ(あるいはブランドの歴史へのセルフ・オマージュ)が求められていることは確かだが、ジョナサンはその根底にさえ問いの眼差しを向ける。

 今回の「ロエベ」の会場は、パリの東方にあるヴァンセンヌ城。城内にはフラワーパターンの特設テントが建てられ、内部にはアートフェアの一角のような緑色の“ギャラリー”が作り上げられた。そこに展示されているのは、田園風景や花、牛、犬などといった控えめな題材を小さなサイズで描いたアメリカの画家、アルバート・ヨーク(Albert York)のペインティング作品18点だ。城という富める貴族の館や煌びやかなファッションの世界とは対照的なこれらの慎ましい絵画は、何を仄めかしているのだろう?

ADVERTISING

 コレクションのテーマは、“富と階級”だ。ジョナサンは歴史をさかのぼり、イートン校(英国の名門パブリックスクール)のモーニングスーツやチッペンデールチェアといった富と階級の象徴を、プレイフルに本来の意味を剥ぎ取りながらデザインへと落とし込んだ。ラウンジウェアを注意深く見ると、18世紀の動物画や植物相はキャビアのように細かいビーズで描かれている。

Imaged by LOEWE

 ダブルのチェスターコートの襟には銀箔で覆われた木の彫刻があしらわれ、ドレスの肩には朝露のような透明樹脂のオブジェ、手首にはマイクロモザイクでダルメシアンを表現したバングルが鈍く光る。一見ファッションとは関係の薄い工芸品をデザインに再応用しているが、そこにはひとつも古風なアイテムは見当たらない。ジョナサンの手にかかれば、全てがモダンになるのだ。

Image by LOEWE

Image by LOEWE

 壁紙のようなフローラルパターンやアスパラガスなどのモチーフは、1700年代半ばにロンドンにあった「チェルシー磁器工房」を参照したものだ。「チェルシー磁器工房」は高値のコレクターズ・アイテムでありながら、そのデザインの多くをフランスの品々からコピーしたことでも知られている。ジョナサンは「コピーのコピーのコピー」と説明したが、つまり今回「ロエベ」がコピーしたものも何かのコピーであるわけだ。しかし実際の品々は、異なるアプローチと文脈の中にそれぞれ魅力的に存在している。

Image by LOEWE

Image by LOEWE

Image by LOEWE

Image by LOEWE

 示唆に富んだハイパー・コンセプチュアルなコレクションは、「ロエべ」のコレクションの中でも最もクラフトに富んだコレクションのひとつとされ、クチュール的な技巧が際立っているのは確かだ。しかし、シャープなテーラード、バルーンパンツ、ベルトのアクセント、丸いシルエットのレザーブルゾンなど、プレーンなルックも負けずと力強い。ウェア、バッグ、アクセサリーの全てが、ただ単純に、洗練された魅力を備えていたことは特筆すべきポイントだろう。

Image by LOEWE

 さて、コレクションの内容とは関連が薄そうな、アルバート・ヨークの作品がなぜフィーチャーされたのか? 会場入り口の壁には、美術展には必ずある作家の説明が書かれていた。彼は1959年から絵を描き始め、初の個展開催は1963年で、生涯で約250点の作品を残した。興味深いことに、ヨークは作品を茶色の紙袋に入れてギャラリーに投函し、自身の展覧会にはほとんど出席しなかったそうだ。アート界から距離を置いたからこそ、彼はこれほどまで集中し続けることができたようで、こうも発言している。「現代社会はただ通り過ぎるだけで、私はそれに気づかない。私は列車に乗り損ねたのだ」。

Image by LOEWE

 ジョナサンは「ロエベ」、自身のブランド「JWアンダーソン(JW Andreson)」、「ユニクロ(Uniqlo)」とのコラボレーションなど、年に15以上のコレクションを発表している。にもかかわらず、尽きることないアイデア、そしてそれを支える興味のピュアネス、クラフトへの情熱――そして、全てにおいて失われることのないバランス感覚が、コレクションに洗練と同時代性をもたらしている。何より、予定調和な答えを提示するのではなく、疑問を投げかけるクリエイションは、ファッションの可能性を拡張してくれるものだ。

LOEWE 2024年秋冬

全ルックを見る

LOEWE -Women's-2024年秋冬

2024 AUTUMN WINTERファッションショー

エディター / ライター / プロデューサー

上岡 巧

KO UEOKA

1993年生まれ、東京出身。早稲田大学社会科学部卒業。メンズファッション誌『Them magazine』編集部を経て、2022年に独立。ロンドン生活の後、現在はパリに拠点を移し、フリーランスとして活動する。

ADVERTISING

JOB OPPOTUNITIES

最新の求人情報(求人一覧

求人

RTWスペシャリスト(正社員)

LOEWE

RTWスペシャリスト(正社員)

年収

450万 〜

詳細を見る

ジャーナル

大阪から福岡へ移住した販売員が語る!福岡での生活・仕事・職場環境のリアル

大阪から福岡へ移住した販売員が語る!福岡での生活・仕事・職場環境のリアル

記事を読む

求人

アシスタントマネジャー(副店長)

LOEWE

アシスタントマネジャー(副店長)

年収

450万 〜 650万

詳細を見る

ジャーナル

【4/19(金)から】LVMHジャパンが「東京レインボープライド 2024」にブースを出展&レ...

【4/19(金)から】LVMHジャパンが「東京レインボープライド 2024」にブースを出展&レ...

記事を読む

ジャーナル

「Öffen(オッフェン)」と「Ameri VINTAGE(アメリヴィンテージ)」、アップサイ...

「Öffen(オッフェン)」と「Ameri VINTAGE(アメリヴィンテージ)」、アップサイ...

記事を読む

ジャーナル

カルチャーシーンに革新をもたらし、躍進を続ける「Spotify」。その広告メディアとしての魅力...

カルチャーシーンに革新をもたらし、躍進を続ける「Spotify」。その広告メディアとしての魅力...

記事を読む

コラボパートナーの募集情報
コラボ募集一覧

コラボ

ドイツ腕時計ブランドの"ZEPPELIN"とのコラボレーションウォッチパートナ...

ZEPPELIN ドイツ腕時計ブランドの"ZEPPELIN"とのコラボレーションウォッチパートナ...

詳細を見る

コラボ

自治体の枠にとらわれない幅広いコラボ実績をもつ「サガプライズ!」とのコラボレーシ...

サガプライズ! 自治体の枠にとらわれない幅広いコラボ実績をもつ「サガプライズ!」とのコラボレーシ...

詳細を見る

コラボ

俳優上野樹里が手掛ける人にも地球にもやさしいものづくりプロジェクトブランド「T...

TuiKauri 俳優上野樹里が手掛ける人にも地球にもやさしいものづくりプロジェクトブランド「T...

詳細を見る

コラボ

多方面で活躍中のデザイナー安藤大春とのコラボレーション

Ohal 多方面で活躍中のデザイナー安藤大春とのコラボレーション

詳細を見る

Powered by

FIND THE NEXT

次の記事を探す

IMAGE by: LOEWE

現在の人気記事

NEWS LETTERニュースレター

人気のお買いモノ記事

公式SNSアカウント