Fashion

ルイ・ヴィトン、太平洋に沈む太陽を背景に2023年クルーズコレクションを発表

 ニコラ・ジェスキエール(NicolasGhesquiere)が手掛ける「ルイ・ヴィトン(LOUIS VUITTON)」が2023年クルーズコレクションを発表した。会場となったのは、カリフォルニア州サンディエゴ郊外にあるソーク研究所。ルイス・カーン(Louis Kahn)が設計した名建築であり、ここでファッションショーが開催されるのは史上初。太平洋に沈む夕日を背景にした、壮大なコレクションとなった。

— ADの後に記事が続きます —

 コレクションの鍵となったのは、太陽。リネン、ジャカード、シルクなど、さまざまな素材が西海岸の光を効果的に反射させた。また、光沢感のあるトレンチコートやホログラフィックなパンツ、メタリックなロングブーツも力強さをアピール。

ルイ・ヴィトン 2023年クルーズコレクション Image by LOUIS VUITTON
ルイ・ヴィトン 2023年クルーズコレクション Image by LOUIS VUITTON
ルイ・ヴィトン2023年クルーズコレクション Image by LOUIS VUITTON
ルイ・ヴィトン2023年クルーズコレクション Image by LOUIS VUITTON

 さらに、エアブラシのプリントやスニーカー、スケートボードなど、ポップカルチャーの引用も印象的。モータースポーツからインスパイアされたというメタリックな新作バッグも、フューチャリスティックなアクセントとなっていた。また、ショーの最後に登場した巨大なショルダーパッドは、SF映画の衣装さながらの迫力だ。

 ランウェイで特に注目を集めたのは、シルバーのコレクションピースとマッチしたゴールドの義足で登場したモデルのローレン・ワッサー(Lauren Wasser)。また会場には、メゾンのアンバサダーであるレア・セドゥ(Léa Seydoux)やミランダ・カー(Miranda Kerr)、フレンド・オブ・ザ・ハウスを務めるローラやKōki,など豪華ゲストが来場した。アフターパーティではグライムス(Grimes)がDJを披露したという。

モデルのローレン・ワッサー Image by LOUIS VUITTON
モデルのローレン・ワッサー Image by LOUIS VUITTON

 ソーク研究所は、ポリオワクチンの開発で有名なジョナス・ソーク(Jonas Salk)医学博士の名前を冠した生物医学系の研究所で、多くのノーベル賞受賞者を輩出している。世界的なパンデミックを経験した今、この場所が新作発表のロケーションに選ばれたことにも大きな意味を感じさせた。

LOUIS VUITTON 2023年クルーズ

全ルックを見る
LOUIS VUITTON 2023年クルーズコレクション

 ■ルイヴィトン:公式サイト

私的ブランド論―ルイ・ヴィトンと出会って (日経ビジネス人文庫)
著: 秦 郷次郎
メーカー: 日本経済新聞出版
価格: ¥50(2022/05/16現在)

最新の関連記事
Realtime

現在の人気記事

    次の記事を探す

    Ranking Top 10

    アクセスランキング