Lifestyle まとめ

【マスクまとめ:買える編】ファッション企業が作るマスクの販売情報 

シャツメーカーによる形態安定マスク

 シャツメーカーの東京シャツが、洗って繰り返し使える形態安定マスクを販売。カラーは白のみで、千鳥格子などの織り柄を施し、マスクの内側には肌触りの柔らかい100%ガーゼ生地をあしらった。公式オンラインストアで予約販売しているほか、全国の東京シャツ店舗で新型コロナウイルス感染者数の多い地域から順次発売する。

価格:税別2,990円(1セット3枚入り)
販売状況:予約販売分は完売中
※緊急事態宣言に伴い、一部店舗は臨時休業や短縮営業を実施。各店舗の営業状況は出店先の商業施設に準ずる。
問い合わせ先:03-5830-1862
ECサイト

AOKIの洗えるマスク

 紳士服大手の「アオキ(AOKI)」は、洗って繰り返し使用できるマスクを開発。マスクは外層に撥水加工を、中・内層に抗菌加工を施した素材を使用した3層構造で設計。生地は伸縮性のあるジャージー素材を採用し、立体縫製で顔にフィットする。オンラインでは完売状態となっているが、5月16日からアオキの店舗で発売する。

価格:税別1,000円(5枚入り)
販売状況:5月16日からアオキの店舗で発売
問い合わせ先:0120-700-358(マスク専用問い合わせ窓口)

ミキハウスの子ども用マスク

 「ミキハウス」はクラボウと子ども用マスクを共同開発。4月6日発売分はサイトへのアクセスが集中し、販売開始から1時間ほどで完売した。再入荷分は4月21日午前10時からオンラインショップで販売を予定。カラーはピンクとブルーの2色を展開する。なお1回の注文時の購入可能個数について、各色6個から変更する可能性あり。

価格:税別1,800円(2枚入り)
販売状況:完売中
商品に関する問い合わせ先:072-920-2039
ECサイト

ヒロコレッジの手ぬぐいマスク

 アーティスト高橋理子が手掛ける「ヒロコレッジ(HIROCOLEDGE)」は「私たちができることのひとつ」という考えから、定番商品として展開している手ぬぐいを使ってプリーツマスクを制作。ブランドならではの「円と直線」からなる柄が特徴で、大人用と子ども用の2サイズを揃える。伝統染色技法の「注染」は、顔料プリントとは異なり素材が持つ機能(吸水性など)を失うことがなく、また「無駄のないもの作り」という理念も反映されている。4月29日から再販する予定。

価格:大人用 1,400円
   子ども用 1,200円(いずれも税別) 
販売状況:完売中
問い合わせ先:03-6456-1624
ECサイト

ファクトタムのデニムマスク

 有働幸司が手掛ける「ファクトタム(FACTOTUM)」は、リジットデニムの生地でマスクを制作。裏面にはコットン素材のガーゼを使用し、耳にかけるゴム紐の長さは顔に合わせて調整することができる。2枚で1セットで、白のマスク2枚を収めた「WHITE」とインディゴとブラックをセットにした「MIX」を揃える。なお、購入数は1人3セットまでに制限を設けている。

価格:いずれも税別3,000円
販売状況:完売中
問い合わせ先:ファクトタムお客様問い合わせフォーム
ECサイト

最新の関連記事

Realtime

現在の人気記事

    次の記事を探す

    Ranking Top 10

    アクセスランキング